キャンディークラッシュゼリーが強制終了で落ちる原因と対処法とは

キャンディークラッシュゼリーが強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

キャンディークラッシュゼリーが強制終了で落ちる原因

キャンディークラッシュゼリーが強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

アプリがバグっている

アプリがバグっていることが原因で強制終了で落ちる場合があります。

どうしても利用しているとバグは発生することがあります。

他のアプリを開いて同じ症状が出ないか確認してみて下さい。

使用メモリが不足している

使用メモリが不足していることが原因で強制終了で落ちる場合があります。

一度、バックグラウンド内を確認してみて下さい。

もしかしたら、他のアプリがたくさん起動することで不具合が起きている可能性があります。

持っているスマホが動作推奨端末ではない

持っているスマホが動作推奨端末ではないことが原因で強制終了で落ちる場合があります。

一度、キャンディークラッシュゼリーに対応しているか確認してみて下さい。

確認するには、AppStoreなどで確認できます。

予測変換機能の履歴が溜まり過ぎている

予測変換機能の履歴が溜まり過ぎていることが原因で強制終了で落ちる場合があります。

文字を入力するときには凄く便利な機能ですが、そのことで端末に負荷がかかっている可能性があります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


キャンディークラッシュゼリーが強制終了で落ちる場合の対処法は

アプリがバグっている場合

アプリがバグっている場合の対処法は端末を再起動してみてください。

再起動をするには、電源を切り少しの間だけそのままにします。

そして、電源を入れなおしすることで、不具合が解決している場合があります。

使用メモリが不足している場合

使用メモリが不足している場合の対処法はバックグラウンド内のアプリを終了させてください。

スワイプするだけで、アプリを全て強制終了できます。

それにより、端末への負荷が軽減され不具合が解決される場合があります。

持っているスマホが動作推奨端末ではない場合

持っているスマホが動作推奨端末ではない場合の対処法はOSをバージョンアップしてみて下さい。

端末の設定画面に新しいバージョンアップ情報がないか見てみましょう。

もしあるようなら、それをダウンロードすることで不具合が解決される場合があります。

予測変換機能の履歴が溜まり過ぎている場合

予測変換機能の履歴が溜まり過ぎている場合の対処法はその履歴を削除しましょう。

削除することで、端末内のメモリ容量も空きますので、端末の動きがよくなります。

それにより不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • アプリがバグっている
  • 使用メモリが不足している
  • 持っているスマホが動作推奨端末ではない
  • 予測変換機能の履歴が溜まり過ぎている

キャンディークラッシュゼリーが強制終了で落ちる原因と対処法とはについて紹介しました。

キャンディークラッシュゼリーをこれからプレイされる方もぜひ参考にしてみてください。