クラッシュフィーバー(クラフィ)の画面が固まる・フリーズする原因と対処法とは

スポンサーリンク

e1ed58b02d20498bf4174c1bf8213b2e1

クラッシュフィーバーをプレイしていて画面が固まるやフリーズ不具合が起こる場合があるようです。

なぜ、このような不具合が起こるのでしょう。

今回はその画面が固まるやフリーズする原因とその対処法について紹介します。

ぜひ参考にしてください。

クラッシュフィーバー 画面が固まるやフリーズする理由

画面が固まるやフリーズする原因には次のことが考えられます。

ネット環境が不安定による原因

ネット環境が不安定なことにより、画面が固まるやフリーズするといった不具合が起こる場合があります。

この理由としては、ネットの通信制限がかかっていることで起こっている可能性があります。

このネット通信制限とは、データの速度に制限がかかることです。

最近のスマホの多くは高速データ通信というのができるデバイス端末が多くあります。

この高速データ通信がWi-Fi環境とまではいかないですが、それに近い通信をすることのできるシステムです。

このシステムを利用することで、大きなデータのダウンロードやサイトなどをサクサク動かすことができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事


ですが、この高速データ通信をするのには制限があります。

その制限を越えてしまうことで、高速データ通信ができなくなります。

高速データ通信ができなくなると一気に通信速度が遅くなります。

このことにより、新しい更新データなどで、容量が大きいものをダウンロードしたりするとなかなかダウンロードできなくなります。

そうするとアプリ自体が正常に作動することができなくなり、画面が固まったりフリーズしてしまう原因になります。

この場合の対処法をしては、高速データ通信を解除することでもとの通信速度に戻すことができます。

データの追加を行うことで解消されます。

ですが、有料になりますの注意してください。

また、有料でデータの追加をされるのが嫌な場合は、月が変わるめまで待ちましょう。

月が変わることで、制限のかかっていた通信速度はリセットされ、再び高速通信ができるようになります。

まとめ

  • ネット環境が不安定により画面が固まったりフリーズしたりする場合がある。
  • ネットに通信制限がかかっていることで不具合が起こる場合がある。

クラッシュフィーバーをプレイしていて画面が固まるやフリーズする原因とその対処法について紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。