クラッシュフィーバー(クラフィ)がラグる・遅くなる・重くなる原因と対処法とは

e1ed58b02d20498bf4174c1bf8213b2e1

クラッシュフィーバーをプレイしていて遅くなるや重くなる不具合がたまに起こるようです。

何が原因でこのような不具合が起こるのでしょう。

今回は、そんな遅くなるや重くなる不具合の原因とその対処法について紹介します。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサードリンク

おすすめゲーム動画
アズールレーン

アズールレーン

Yostar, Inc.無料


グランドサマナーズ

グランドサマナーズ

GOOD SMILE COMPANY, INC.無料


スポンサードリンク


クラッシュフィーバーをプレイしていて遅くなるや重くなる理由

遅くなるや重くなる理由には、次のようなことが考えられます。

キャッシュがたまり過ぎている

キャッシュがたまり過ぎていることで、クラッシュフィーバーをプレイしていて遅くなるや重くなる不具合がたまに起こる場合があります。

キャッシュとは、一時的なデーターのようなもので、このキャッシュがあることで素早く開いたりする事ができます。

しかし、クラッシュフィーバー以外のキャッシュも存在するので、スマホ端末自体の使用メモリが不足していきます。

すると、キャッシュによりスマホ端末の処理速度が遅くなる事なります。

そのことが理由でクラッシュフィーバーをプレイしていてもアプリが遅くなるや重くなると感じる場合があります。

このような対処法としては、キャッシュをクリアしましょう。

また、バックグラウンドで起動しているアプリを終了させましょう。

そうする事で使用メモリが増え処理速度が速くなりますので、不具合が解消される場合があります。

スポンサードリンク




通信制限がかかっている

通信制限がかかっていることにより、遅くなるや重くなると感じる場合もあります。

これは、スマホ端末の通信速度に制限がかかることにより起こったりします。

通信速度に制限がかかるとは、契約しているスマホ端末によりますが、最近は高速データ通信ができるスマホ端末が数多くあります。

その高速データ通信をすることにより、サクサク動くのですが、しかしこの高速データ通信ができるには上限があります。

その上限を超えると一気に通信速度が下がり、アプリが遅くなったり重くなるなどを感じます。

このような対処法としては、通信速度制限がかかっているのを解除してください。

解除には、有料ですがデータを追加することにより解消されます。

まとめ

  • キャッシュがたまり過ぎていることにより不具合が起きる場合がある。
  • 通信速度制限がかかることにより不具合が起こる場合もある。

クラッシュフィーバーのアプリが遅くなるや重くなる不具合の原因とその対処法について紹介しました。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました