クラッシュフィーバー(クラフィ)がアップデートできない原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

e1ed58b02d20498bf4174c1bf8213b2e1

クラッシュフィーバーでアップデートできないという不具合がたまに起こるようです。

何が原因でこのような不具合が起きるのでしょう。

今回は、アップデートできない不具合の原因とその対処法について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


クラッシュフィーバーアップデートできない理由

アップデートできない理由の原因は次のようなことが考えられます。

使用メモリ不足

クラッシュフィーバーのアップデートできない不具合の原因として使用メモリ不足による場合があります。

これは、スマホ端末の中でクラッシュフィーバー以外のアプリがたくさん起動していることにより使用メモリが不足する事が原因です。

通常スマホアプリは、アプリを起動させたら更新データーをアップデートするようになってます。

でも、使用メモリ不足になるとアップデートデーターがスマホ端末に保存されない事があるようです。

アップデートデーターが保存されないとアプリは正常に作動する事が出来ません。

そのため、このような場合の不具合の対処法としては、使用メモリ不足を解消させる必要があります。

使用メモリを増やすには、スマホ端末でクラッシュフィーバー以外のアプリを終了させることで増えます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


注目記事

ネット環境が不安定

ネット環境が不安定なことが原因でアップデートが出来ないという不具合が起こる事があります。

アップデートデーターをダウンロードするには、ネット環境が必要になります。

電波の入りが悪い場所などでアップデートをすると出来ない場合があります。

そのため、Wi-Fi環境を利用するのをオススメします。

それでも解消されない場合

この対処法を行っても解消されない場合は、スマホ端末自体を再起動してみてください。

再起動をすることにより大半の不具合が解消されます。

再起動の仕方は、まずは電源を落としてください。

次の5分から10分ほど放置

そしてもう一度電源を入れる。たったこれだけです。

ぜひ、試してみてください。

まとめ

  • 使用メモリ不足によりアップデートできない場合があります。
  • ネット環境が不安定のためにアップデートできない場合があります。

クラッシュフィーバーのアップデートできない不具合の原因とその対処法について紹介しました。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ