Facebookアプリにログインできない原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

facebook

Facebook専用アプリでは時折ログインできない不具合が起こります。

不具合としてはよくあるものですがその原因は色々あります。

どうしてもログインできない場合、原因と対処法を参考にして下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


Facebookアプリにログインできない原因

Facebookアプリにログインできない原因は以下になります。

ストレージの確認

ストレージの空き容量が少ないと正常にアプリが起動しない場合があります。

他にもキャッシュが溜まっている状態でも同様に正常に動かない時があります。

設定のストレージから空き容量とキャッシュを確認しましょう。

通信環境の確認

通信環境が悪いと正常にログインできません。

各キャリア(携帯会社)の通信環境の場合は設定の通信量を確認しましょう。

アプリ・サーバの不具合

アプリのメンテナンス後や更新後、Facebookの通信過多時によく起こります。

端末の状態を改善してもログインできない場合や、ブラウザからログインできる場合はアプリの不具合になります。

他にもFacebookのサーバが不具合を起こしているとアプリでもログインや通信を行えなくなります。

ブラウザでもログインできない場合、サーバがダウンしている可能性があります。

バックグラウンドの確認

アプリを複数起動した後にFacebookアプリを起動していた場合、バックグラウンドに複数のアプリを起動している可能性があります。

バックグラウンドに複数のアプリが起動していると通信や端末を圧迫する原因となります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

注目記事

Facebookアプリにログインできない原因の対処法

Facebookアプリにログインできない原因の対処法は以下になります。

ストレージの確認

設定のストレージから空き容量とキャッシュの確認をしましょう。

キャッシュが溜まっている場合はキャッシュの削除をし、空き容量が少ない場合は不要なデータやアプリを削除しましょう。

必要なデータのうちのメディア関係のデータはdropboxなどのサイトを利用して保存しておきましょう。

そうすることで空き容量を確保しやすくなります。

キャッシュや不要なデータの削除をした後は再起動をしておきましょう。

通信環境の確認

各キャリアの通信環境の場合は通信状態が良くても通信量によって制限がかかっている可能性があります。

設定の通信量から確認し、制限がかかっている場合はWi-Fiに切り替えると改善されます。

山や川、地下などの通信環境が悪い場所でログインしようとすると、その間のデータが破損する可能性があります。

通信環境のいい場所で通信を行いましょう。

アプリ・サーバの不具合

アプリの不具合にも度合いがあります。

まずはアプリを一旦終了し、再起動をしましょう。

再起動をして改善されれば軽い障害です。

改善されない場合アプリの更新が失敗しているか、アプリ自体が不具合を起こしている可能性が考えられます。

全体的にログインできない場合はアプリの不具合とサーバ障害です。

アプリの更新が失敗している場合

更新が失敗している場合各ストアのFacebookアプリ画面を開き、アンインストール後インストールしなおしましょう。

更新ボタンがある場合は更新ボタンを押して更新しましょう。

アプリの不具合とサーバ障害

更新やインストールのし直しで改善しなかった場合はアプリ自体が不具合を起こしています。

その場合はサーバ障害も含めて提供側の対応待ちになります。

バックグラウンドの確認

Facebookアプリを起動する前に複数のアプリを起動していた場合バックグラウンドで起動している可能性があります。

バックグラウンドに起動したままでいると端末や通信を圧迫します。

終了したはずのアプリも時折残ったままになる時もあるので確認・アプリの終了を行いましょう。

まとめ

  • ストレージの確認
  • 通信環境の確認
  • アプリ・サーバの不具合
  • バックグラウンドの確認

今回はFacebookアプリにログインできない原因と対処法についてまとめました。

Facebookアプリの不具合に関しては同じく世界的に有名なSNS・twitterでも同様の症状があります。

ログインできない原因としてはほとんどがサーバ障害です。

まずは通信環境やストレージといった端末から確認してみてください。

これからFacebookアプリを使う方は参考にしてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ