GooglePlayストアが強制終了で落ちる原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 



GooglePlayストアが強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、GooglePlayストアが強制終了で落ちる原因には次のようなことが考えられます。

  • 使用しているデバイスのメモリが少ない
  • モバイルデータ通信の設定が正常になっていない
  • OSが対応していない
  • CPUが不安定になっている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


GooglePlayストアが強制終了で落ちる原因

GooglePlayストアが強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

使用しているデバイスのメモリが少ない

使用しているデバイス端末のメモリが少なくなっていることで不具合が起きる場合があります。

一度、デバイスのメモリの空き容量が十分にあるかチェックしてください。

チェックするには、設定画面のストレージの使用状況で確認できます。

モバイルデータ通信の設定が正常になっていない

モバイルデータ通信の設定が正常になっているか確認してみて下さい。

もしかしたら、正常になっていないことでネット接続できていない可能性があります。

一度、設定画面でチェックしてください。

OSが対応していない

自身の端末のOSが対応しているか確認してください。

今まで対応していたのにアップデート後に対応しなくなる場合があります。

他のアプリなどを起動して、同じ症状が起きなければその可能性があります。

CPUが不安定になっている

CPUが不安定になっていることで、不具合が起きる場合があります。

長時間の端末の利用などで起こる場合があります。

一度、端末が熱を持っていないかチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

注目記事

GooglePlayストアが強制終了で落ちる場合の対処法は

使用しているデバイスのメモリが少ない場合

デバイスのメモリが少ない場合は、そのメモリを増やしてください。

メモリを増やすには、不要なアプリなどを削除すれば増やせます。

それにより不具合が解決する場合があります。

モバイルデータ通信の設定が正常になっていない場合

モバイルデータ通信の設定が正常でない場合は正常に戻しましょう。

もし、設定が正常になっている場合は端末を再起動してみてください。

それにより、不具合が解決する場合があります。

OSが対応していない場合

OSが対応していない場合の対処法は、ユーザーでは何もできません。

アップデートする前の状態に戻す事もできません。

この場合は、Goolge社に問い合わせしてみてください。

CPUが不安定になっている場合

CPUが不安定になっている場合は、端末を落ち着かせましょう。

一番は、端末の電源を落として数分間そのままにします。

その後に、もう一度電源を入れ直すと、不具合が解決している場合があります。

まとめ

  • 使用しているデバイスのメモリが少ない
  • モバイルデータ通信の設定が正常になっていない
  • OSが対応していない
  • CPUが不安定になっている

GooglePlayストアが強制終了で落ちる原因と対処法について紹介しました。

GooglePlayストアを使われる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ