GooglePlayストアが遅くなる・重くなる原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 



GooglePlayストアが遅くなる・重くなるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、GooglePlayストアが遅くなる・重くなる原因には次のようなことが考えられます。

  • 端末のメモリが不足している
  • バックグラウンド内で他のアプリを起動し過ぎている
  • CPUが熱を持っている
  • 高速データ通信ができていない

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


GooglePlayストアが遅くなる・重くなる原因

GooglePlayストアが遅くなる・重くなる場合は次のことを確認してみてください。

端末のメモリが不足している

もしかしたら、自身の持っている端末のメモリが不足している可能性があります。

一度、端末の設定画面でストレージの使用状況をチェックしてみてください。

もしかしたら、メモリの空き容量が少なくなっている可能性があります。

バックグラウンド内で他のアプリを起動し過ぎている

マルチタスク画面の起動してみてください。

アプリが多く起動し過ぎているの可能性があります。

それにより端末に負荷がかかっている場合があります。

CPUが熱を持っている

端末のCPUが熱を持っているのかも知れません。

一度、端末を手にしてみて下さい。

熱を持っているようであれば、その可能性があります。

高速データ通信ができていない

最近は4GやLTEなどの高速データ通信が出来る端末が多いです。

ですが、高速データ通信はある一定容量を超えると速度が落ちます。

もしかしたら、そのことで、不具合が起きてる可能性があります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

注目記事

GooglePlayストアが遅くなる・重くなる場合の対処法は

端末のメモリが不足している場合

端末のメモリが不足している場合の対処法は、空き容量を増やしましょう。

増やすには、不要なアプリなどを削除すれば増やせます。

それにより、端末の動きもよくなり不具合が解決される場合があります。

バックグラウンド内で他のアプリを起動し過ぎている場合

バックグラウンド内で他のアプリが起動し過ぎている場合は、そのアプリを終了させてください。

終了させることで、端末への負荷が軽減されます。

それにより不具合が解決される場合があります。

CPUが熱を持っている場合

CPUが熱を持っている場合の対処法は冷やしてみてください。

冷やすには、電源を落として数十分間そのまま放置します。

その後に改めて電源を入れなおしすることで、不具合が解決する場合があります。

高速データ通信ができていない場合

高速データ通信ができていない場合は、データの追加を行ってください。

有料になりますが、データの追加を行うことで高速データ通信が再開されます。

それにより、不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • 端末のメモリが不足している
  • バックグラウンド内で他のアプリを起動し過ぎている
  • CPUが熱を持っている
  • 高速データ通信ができていない

GooglePlayストアが遅くなる・重くなる原因と対処法について紹介しました。

GooglePlayストアを使われる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ