GooglePlayストアエラーコード一覧まとめ

スポンサードリンク

 0 
 0 



GooglePlayストアでエラーコードが出て不具合が起こる場合があります。

  • エラーコード403、404
  • エラーコード412
  • エラーコード497
  • エラーコード504

今回はそんなGooglePlayストアのエラーコードについて紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


GooglePlayストアエラーコード

GooglePlayストアのエラーコードは次のようになっています。

エラーコード403、404

このエラーコードは、GooglePlayストアがアクセスを拒否するときにでます。

自身のアカウントなどがもしかしたら間違ってる可能性があります。

アカウントの情報に間違いないか確認してみて下さい。

エラーコード412

このエラーコードは出る原因としては、ネットワークエラーの可能性があります。

一度、自身の端末のネットワーク環境を確認してみて下さい。

もしかしたら正常に設定されていないのかも知れません。

エラーコード497

このエラーコードが出る原因はダウンロードに失敗したときに出ます。

一度、高速データ通信が出来いるか確認してください。

もしかしたら、通信速度が落ちたことが原因の可能性があります。

エラーコード504

このエラーコードの出る場合は、タイムアウトエラーのときに出ます。

もしかしたら、ネットワーク環境が不安定になっている可能性があります。

一度、端末の電波状態などをチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

注目記事

GooglePlayストアエラーコード一覧場合の対処法は

エラーコード403、404場合

アカウントの情報を正しく入力してください。

もし、それでも解決しない場合はキャッシュをクリアしてみて下さい。

それにより不具合が解決する場合があります。

エラーコード412場合

このエラーコードの対処法は、インターネット接続できるようにしてください。

一番は、Wi-Fi環境を使うのが一番です。

それにより安定したネット環境になり解決される場合があります。

エラーコード497場合

このエラーコードが出た場合の対処法は、Wi-Fiに切り替えてみてください。

それにより通信環境が安定します。

Wi-Fi環境は街中に多くのWi-Fiスポットがありますので、利用してみてください。

エラーコード504場合

このエラーコードが出た場合の対処法は、ネットワーク環境を安定させましょう。

Wi-Fi環境などを使ってみるのも対処法の1つです。

もしくは、ネットワークに負荷のかからない時間に行うと解決される場合があります。

まとめ

  • エラーコード403、404
  • エラーコード412
  • エラーコード497
  • エラーコード504

GooglePlayストアエラーコード 原因と対処法について紹介しました。

GooglePlayストアを使われる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ