GooglePlayストアがアップデートできない原因と対処法とは



GooglePlayストアがアップデートできないといった不具合が起こることがあるようです。

なお、GooglePlayストアがアップデートできない原因には次のようなことが考えられます。

  • 機内モードに設定している
  • 高速データ通信に制限がかかっている
  • サーバーにアクセスが集中している
  • 端末が不安定になっている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


GooglePlayストアがアップデートできない原因

GooglePlayストアがアップデートできない場合は次のことを確認してみてください。

機内モードに設定している

機内モードに設定していることで、アップデートできない場合があります。

一度、端末内の設定を確認してみて下さい。

もしかしたら、旅行後に設定を戻していない可能性があります。

高速データ通信に制限がかかっている

高速データ通信に制限がかかっていることで、不具合が起きる場合があります。

そのことで、通信速度が遅くなっている可能性があります。

一度、専用アプリなどでチェックしてみてください。

サーバーにアクセスが集中している

他のユーザーなどのアクセスが集中していることで不具合が起きる場合があります。

一度、他のアプリでも同じ症状が起きるかチェックしてみてください。

他のアプリで同じ症状が出ない場合は、その可能性があります。

端末が不安定になっている

端末が不安定になっていることで、不具合が起きる場合があります。

端末が熱などを持っていないか確認してみて下さい。

手に持って熱いなと思ったときはその可能性があります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

GooglePlayストアがアップデートできない場合の対処法は

機内モードに設定している場合

機内モードに設定している場合は、設定をOFFにしましょう。

それにより、ネット環境が復活し、正常に戻ります。

そうすることで、アップデートできるようになり不具合が解決する場合があります。

高速データ通信に制限がかかっている場合

高速データ通信に制限がかかっている場合は、データの追加をして下さい。

データの追加をすることで、通信制限がリセットされます。

それにより不具合が解決される場合があります。

サーバーにアクセスが集中している場合

サーバーにアクセスが集中している場合は、少し時間を置いてください。

時間を置くことで、他のユーザーのアクセスが落ち着きます。

それにより不具合が解決する場合があります。

端末が不安定になっている場合

端末が不安定になっている場合の対処法は、端末を冷やしましょう。

自身の端末の電源を落としたら、少しそのまま放置してください。

その後に電源を入れなおしすることで、不具合が解決する場合があります。

まとめ

  • 機内モードに設定している
  • 高速データ通信に制限がかかっている
  • サーバーにアクセスが集中している
  • 端末が不安定になっている

GooglePlayストアがアップデートできない原因と対処法について紹介しました。

GooglePlayストアを使われる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。