iPadにアップデートした際にWiFiにつながらなくなる原因と対処法

スポンサードリンク

 0 
 0 

iPadにアップデートした際にWiFiにつながらなくなるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、iPadにアップデートした際にWiFiにつながらなくなる原因には次のようなことが考えられます。

  • ipadと無線ルーターの距離が離れている
  • モデム側で不具合が起きている
  • WiFiスポットの電波を拾えていない
  • ルーターが熱を持っている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


iPadにアップデートした際にWiFiにつながらなくなる原因

iPadにアップデートした際にWiFiにつながらなくなる場合は次のことを確認してみてください。

ipadと無線ルーターの距離が離れている

ipadと無線ルーターの距離が離れすぎていないか確認してください。

これまで使えていてもアップデートした際に、ちょっとした距離でWiFiに繋がらない場合があります。

一度、端末と無線ルーターの位置確認をしてみてください。

モデム側で不具合が起きている

モデム側で不具合が起きていないか確認してください。

もしかしたら、モデムが何かしらの原因で不具合が起きているのかも知れません。

一度、モデムに点滅サインなどがないかチェックしてみてください。

WiFiスポットの電波を拾えていない

WiFiスポットの電波を拾えているか確認してください。

電波を拾えていないとWiFi接続が出来ない場合があります。

一度、設定画面でチェックしてみてください。

ルーターが熱を持っている

ルーターが熱くなっていないか確認してください。

ルーターが熱くなると、通信環境が不安定になる場合があります。

一度、ルーターの状態をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

iPadにアップデートした際にWiFiにつながらなくなる場合の対処法は

ipadと無線ルーターの距離が離れている場合

ipadと無線ルーターの距離が離れている場合は、近くで試してみてください。

ルーターの近くに行くことで、WiFiに繋がる場合もあります。

それでも解決しない場合は、ルーターを再起動してみてください。

モデム側で不具合が起きている場合

モデム側で不具合が起きている場合は、モデムを再起動してみてください。

急な停電などでモデムが突発的にエラーを起こしている可能性があります。

再起動することで、大半の不具合が解決される場合があります。

WiFiスポットの電波を拾えていない場合

WiFiスポットの電波が拾えていない場合は、拾える場所へ移動しましょう。

拾える場所まで移動することで、WiFiの電波も良くなります。

そうすることで不具合が解決する場合があります。

ルーターが熱を持っている場合

ルーターが熱を持っている場合は、ルーターの電源を落としてみてください。

そして、少し時間を空けてルーターの電源を入れてみてください。

そうすることで、熱がなくなり不具合が解決する場合があります。

まとめ

  • ipadと無線ルーターの距離が離れている
  • モデム側で不具合が起きている
  • WiFiスポットの電波を拾えていない
  • ルーターが熱を持っている

iPadにアップデートした際にWiFiにつながらなくなる原因と対処法について紹介しました。

iPadを利用される方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ