iPhone/iOSを最新版にアップデートできない原因と対処法

スポンサードリンク

 0 
 0 

iPhone/iOSを最新版にアップデートできないといった不具合が起こることがあるようです。

なお、iPhone/iOSを最新版にアップデートできない原因には次のようなことが考えられます。

・ストレージの空き容量が足りていない

・Appleサーバーが混雑している

・バッテリーがフル充電できていない

・Wi-Fi環境に接続していない

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


iPhone/iOSを最新版にアップデートできない原因

iPhone/iOSを最新版にアップデートできない場合は次のことを確認してみてください。

ストレージの空き容量が足りていない

ストレージの空き容量が足りているか確認してください。

空き容量が足りていないとアップデートできない場合があります。

一度、端末内のストレージの使用状況をチェックしてみてください。

Appleサーバーが混雑している

Appleサーバーが混雑していないか確認してください。

アップデート時は多くのユーザーがサーバーにアクセスします。

もしかしたら、そのことが原因でアップデートできないのかも知れません。

バッテリーがフル充電できていない

バッテリーがフル充電できているか確認してください。

フル充電できていないことでアップデートできない場合があります。

一度、端末でチェックしてみてください。

Wi-Fi環境に接続していない

Wi-Fi環境に接続しているか確認してください。

Wi-Fi環境に接続していないことでアップデートできない場合があります。

一度、通信環境をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

iPhone/iOSを最新版にアップデートできない場合の対処法は

ストレージの空き容量が足りていない場合

ストレージの空き容量が足りていない場合は、空き容量を増やしてください。

増やすためには、動画や写真などを削除してみてください。

そうすることで空き容量が増え、不具合が解決する場合があります。

Appleサーバーが混雑している場合

Appleサーバーが混雑している場合は、少し時間を空けて下さい。

時間を空けることで、他のユーザーのアクセス数も少なくなります。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

バッテリーがフル充電できていない場合

バッテリーがフル充電できていない場合は、充電してください。

もしくはバッテリーケーブルに繋げながら充電をして下さい。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

Wi-Fi環境に接続していない場合

Wi-Fi環境に接続していない場合は、Wi-Fi環境を使いましょう。

ご自宅にWi-Fi環境がない場合は、街中のWi-Fiスポットを活用してください。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

まとめ

・ストレージの空き容量が足りていない

・Appleサーバーが混雑している

・バッテリーがフル充電できていない

・Wi-Fi環境に接続していない

iPhone/iOSを最新版にアップデートできない原因と対処法について紹介しました。

iPhone/iOSを利用する方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ