iTunesを最新版にアップデートできない原因と対処法

スポンサードリンク

 0 
 0 

iTunesを最新版にアップデートできないといった不具合が起こることがあるようです。

なお、iTunesを最新版にアップデートできない原因には次のようなことが考えられます。

  • パソコンのOSが古い
  • セキュリティソフトウェアを無効にしていない
  • 管理者として実行していない
  • パソコンのメモリが不足している

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


iTunesを最新版にアップデートできない原因

iTunesを最新版にアップデートできない場合は次のことを確認してみてください。

パソコンのOSが古い

パソコンのOSが古くないか確認してください。

OSが古いことでiTunesを最新版にアップデートできない場合があります。

一度、自身のパソコンのOSをチェックしてみてください。

セキュリティソフトウェアを無効にしていない

セキュリティソフトウェアを無効にしているか確認してください。

無効にしていないと、Appleのサーバーに接続できずアップデートできない場合があります。

一度、セキュリティソフトウェアの状態をチェックしてみてください。

管理者として実行していない

管理者として実行しているか確認してください。

もしかしたら、アクセス権限のないアカウントでログインしているのかも知れません。

一度、アカウント情報をチェックしてみてください。

パソコンのメモリが不足している

パソコンのメモリが不足していないか確認してください。

メモリが不足していると最新版にアップデートできない場合があります。

一度、パソコンのメモリをチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

iTunesを最新版にアップデートできない場合の対処法は

パソコンのOSが古い場合

パソコンのOSが古い場合は、最新版のOSにアップデートしましょう。

アップデートするためには、OSのサポートサイトからインストールしてください。

そうすることで、アップデートできるようになり不具合が解決する場合があります。

セキュリティソフトウェアを無効にしていない場合

セキュリティソフトウェアを無効にしていない場合は、無効にしてください。

無効にするには、ソフトを起動させ、有効から無効に変更するだけです。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

管理者として実行していない場合

管理者として実行していない場合は、管理者権限のあるアカウントでログインしてください。

もしくは、iTunesのセットアップファイルを右クリックして管理者として実行ボタンを押してください。

そうすることで、アップデートできるようになり不具合が解決する場合があります。

パソコンのメモリが不足している場合

パソコンのメモリが不足している場合は、メモリを増やしましょう。

増やすためには、パソコン内にある不要なアプリやファイルを削除してください。

そうすることで不具合が解決する場合があります。

まとめ

  • パソコンのOSが古い
  • セキュリティソフトウェアを無効にしていない
  • 管理者として実行していない
  • パソコンのメモリが不足している

iTunesを最新版にアップデートできない原因と対処法について紹介しました。

iTunesをこれから使用される方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ