iTunesのアップデートを1つ前のバージョンに戻す方法まとめ

iTunesでアップデートを1つ前のバージョンにしたくてもやり方がわからないですよね。

今回は、そのやり方について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


iTunesを1つ前のバージョンに戻す為には次のことを行なってください。

iTunesをバックアップする

まずは、iTunesのバックアップを行ってください。

ライブラリに多くのデータがある場合などは、必ず行っておきましょう。

万が一データが消えた場合には、すぐに解決できるので覚えておきましょう。

バックアップのやり方は、ライブラリから、編集設定を行います。

その中にある「ライブラリへの追加時にファイルを“iTunesMedia”ファイルにコピーする」にチェックします。

そして、ファイルからライブラリを選択し、「ファイル統合」にチェックを入れてiTunesを終了します。

次に「iTunes」のフォルダを検索して、バックアップしたい場所を選択し、ドラッグとドロップします。

これでバックアップは完了です。

最新版のiTunesをアンインストールする

iTunesのアップデートを1つ前のバージョンを戻すためには、最新版のiTunesをアンインストールしてください。

アンインストールのやり方は簡単です。

パソコンのスタートボタンからコントロールパネルに行き、プログラムからアンインストールを選択します。

そして、Apple関連のアプリを全てアンインストールしてください。

全てアンインストールしないと、1つ前に戻せませんので、注意してください。

また、アンインストールが終わったらパソコン内のライブラリのデータも削除してください。

これで、最新版のアイインストールが完了となります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

iTunesのアップデートを1つ前のバージョンを戻す。

iTunesをアップデートを1つ前のバージョンに戻すやり方は次の通りに行ってください。

まず、Appleの公式サイトの「BrowseDownloadsbyProduct」にいきます。

その中から、1つ前のiTunesのバージョンを選択してダウンロードしてください。

リンクをクリックすると、ダウンロードしたインストーラーを開いてください。

あとは、指示に従ってインストールしてください。

インストールが終了したら、セットアップファイルを開きましょう。

これで、iTunesのアップデートを1つ前に戻せます。

あとは、iTunesを開いてバージョンが1つ前になっているか確認してください。

問題なければ、終了となります。

iTunesをバックアップから復元

最後に、iTunesのデータをバックアップから復元させます。

復元させるためには、まず、設定画面で一般環境設定の詳細をクリックします。

その中に、「新しいソフトウェアがあるか自動的に確認」のチェックを外します。

これで、iTunesを起動させても、最新版に誘導するポップアップがでなくなります。

その状態にしてから、ライブラリの復元を行ってください。

まとめ

  • iTunesをバックアップする
  • 最新版のiTunesをアンインストールする
  • iTunesのアップデートを1つ前のバージョンを戻す。
  • iTunesをバックアップから復元

iTunesのアップデートを1つ前のバージョンに戻す方法まとめについて紹介しました。

iTunesをこれから使用される方はぜひ参考にしてみてください。

コメント