キングスレイドが遅くなる・重くなる原因と対処法とは

スポンサーリンク


キングスレイドが遅くなる・重くなるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、キングスレイドが遅くなる・重くなる原因には次のようなことが考えられます。

  • バックグラウンド内に多くのアプリが起動し過ぎている
  • Spotlight検索を設定している
  • 診断と使用状況のデータが溜まっている
  • アプリの通知設定をしている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

キングスレイドが遅くなる・重くなる原因

キングスレイドが遅くなる・重くなる場合は次のことを確認してみてください。

バックグラウンド内に多くのアプリが起動し過ぎている

バックウラウンド内に多くのアプリが起動し過ぎていないか確認してください。

アプリが起動していることで端末に負荷がかかっているのかも知れません。

一度、バックグラウンド内を確認してみて下さい。

Spotlight検索を設定している

Spotlight検索をしていないか確認してください。

アプリを検索するのにすごく便利な機能ですが、端末に負荷がかかります。

一度、設定画面でチェックしてみてください。

診断と使用状況のデータが溜まっている

診断と使用状況のデータが溜まっていないか確認してください。

これは、自動でiOSが記録していくログのことで、エラーが起きると溜まり続けます。

そのことが原因で不具合が起きているのかも知れません。

アプリの通知設定をしている

アプリの通知設定をしていないか確認してください。

もしかしたら、通知設定をしていることで端末に負荷がかかっているのかも知れません。

一度、設定画面でチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

キングスレイドが遅くなる・重くなる場合の対処法は

バックグラウンド内に多くのアプリが起動し過ぎている場合

バックグラウンド内に多くのアプリが起動している場合は、アプリを終了してください。

すべて終了させることで、端末にかかる負荷も軽減されます。

そうすることで不具合が解決する場合があります。

Spotlight検索を設定している場合

Spotlight検索を設定している場合は設定をOFFにして下さい。

OFFにすることにより、端末にかかる負荷も軽減されます。

それでも解決しない場合は端末を再起動させてみてください。

診断と使用状況のデータが溜まっている場合

診断と使用状況のデータが溜まり過ぎている場合はデータを削除してください。

削除するためには、パソコンでiTunesにつなげバックアップすることで削除できます。

それにより不具合が解決される場合があります。

アプリの通知設定をしている場合

アプリの通知設定をしている場合は設定を解除してください。

解除することにより端末にかかる負荷が軽減されます。

そうすることで、不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • バックグラウンド内に多くのアプリが起動し過ぎている
  • Spotlight検索を設定している
  • 診断と使用状況のデータが溜まっている
  • アプリの通知設定をしている

キングスレイドが遅くなる・重くなる原因と対処法について紹介しました。

キングスレイドをこれからプレイされる方もぜひ参考にしてみてください。