LINE(ライン)のデータが消えてしまった原因と対処法

日本人が多く使うSNSアプリ・LINEではアカウントによりデータを保存しています。

ですが、そのLINEのデータが消えてしまう時があるようです。

データをもとに戻したい時はデータが消えた原因や対処法を参考にして下さい。

LINE(ライン)のデータが消えてしまった原因

LINEのデータが消えてしまった原因は以下になります。

機種変更、再インストール時

LINEは機種変更をした際に、アカウントをログインさせるとデータの引継ぎが可能です。

ですが、トークなどの履歴は端末に保存されているため消えてしまいます。

複数の端末で利用

LINEアカウント1つにつき、使える端末は1つです。

そのため別端末でも同時に使用しようとした場合データが削除されるようになっています。

アプリの不具合

LINEの機能が増えたり、不具合を修正したりした際にデータが消えることがあります。

他にもアプリを更新していないといった原因も考えられます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


LINE(ライン)のデータが消えてしまった原因の対処法

LINEのデータが消えた原因の対処法は以下になります。

機種変更、再インストール時

機種変更やアプリの再インストール後、元々あったアカウントにログインできたが、トークのデータは消えてしまいます。

LINEはデータを端末に保存する形のため、twitterのようにサーバにデータが残っているわけではありません。

そのためアプリが削除されてしまうと、友達やゲームなどのデータ連携は残っていますが、トークなどのデータは消えてしまいます。

どうしてもトークなどのデータを残したいという時はトーク履歴の保存をしましょう。

トークをSDカードなどに残すことで次の端末や再インストール後でもトークデータを復帰できます。

複数の端末で利用

複数の端末で同じアカウントを同時に使用するとそのカウントデータは消えてしまいます。

LINEでは同一のアカウントを複数の端末で同時使用することは禁止されているので、引継ぎの際も同時使用にならないように注意してください。

アカウントデータごと消えてしまい復旧は難しいと言えます。

アプリの不具合

アプリの不具合によってトークデータが消えることがあります。

アプリの更新があるにもかかわらずアプリを更新していないことが考えられるので、その場合はアプリを更新することで改善される可能性があります。

ただし、基本的にトークなどのデータが消えた場合はサポートに連絡しても復帰することは難しいでしょう。

アカウント自体が消えたという場合はサポートへの問い合わせをしましょう。

ただ、トークだけや友達が消えたという場合はあまりサポートによる復帰は望めません。

特に友達が消えたという場合は相手がブロック・削除をしたり、ただ名前を変えたりしたというだけの可能性もあります。

まとめ

  • 機種変更、再インストール時
  • 複数の端末で利用
  • アプリの不具合

今回はLINEのデータが消えてしまった原因と対処法についてまとめました。

LINEのデータは端末に保存しているため、機種変更やアプリの再インストールだけでまずトークの履歴は消えてしまいます。

アプリの不具合が起きてトークが消えたとしてもサポートに復帰してもらうのは難しいかもしれませんが、アカウントが消えた場合はサポートに問い合わせしましょう。

複数の端末で同時に使うとトークだけでなくアカウントそのものが消える可能性があるので、引継ぎの際注意してください。

これからLINEを使う方や引継ぎを行う方は参考にしてください。