messengerをアップデートできない原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

This post is also available in: enEnglish (英語)


今回ご紹介するのは、「messenger」をアップデートできない原因と対処法についてです。

「messenger」をアップデートできない場合は、以下のような原因が考えられます。

  • 端末の通信状態が不安定になっている
  • アプリストアに問題が発生している
  • 端末の空き容量が不足している

「messenger」のアップデートがうまくいかない時に参考にしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


messengerをアップデートできない原因

端末の通信状態が不安定になっている

「messenger」をアップデートできない原因として、よくあるのが端末の通信状態が不安定になっているという状態です。

アプリをアップデートする際には、インターネットへ安定して通信できる環境を用意しましょう。

アプリストアに問題が発生している

「messenger」をアップデートできない場合は、アプリストアに問題が発生しているという場合もあります。

アプリストアに問題が発生していると、「messenger」以外のアプリもダウンロードやアップデートができないといった現象が発生するでしょう。

端末の空き容量が不足している

端末の空き容量が不足しているという状態も、「messenger」をアップデートできない原因となるため注意が必要です。

アプリがアップデートする際には、アプリの容量が変わる可能性があるため、端末の空き容量には余裕を作っておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


注目記事

messengerをアップデートできない時の対処法

端末の通信状態が不安定になっている場合

端末の通信状態が不安定になっている場合は、端末が安定してインターネットへつながる環境を用意する必要があります。

他のアプリを起動させて通信チェックといった、端末が安定してインターネットへつながるかどうかをチェックしてみましょう。

アプリストアに問題が発生している場合

アプリストアに問題が発生している場合は、問題が収まるのを待つしかありません。

1時間から2時間程度、間隔をおいてから再度アップデートをやり直してみましょう。

端末の空き容量が不足している場合

端末の空き容量が不足している場合は、端末の空き容量を増やすしかありません。

使っていないようなアプリや起動回数が極端に少ないアプリを消して、端末の空き容量を増やし、再度アップデートをやり直してください。

まとめ

  • 端末の通信状態が不安定になっている
  • アプリストアに問題が発生している
  • 端末の空き容量が不足している

「messenger」をアップデートできない場合は、以上のような原因が考えられます。

「messenger」をアップデートする際には、端末の通信環境や空き容量に気をつけましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ