モンスターストライク(モンスト) エラーコード一覧まとめ


▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

モンスト

モンスターストライク(モンスト)でエラーコードが存在するとのことです。

いざというときのために、対処法を紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

モンスターストライク(モンスト)でエラーコード一覧

モンスターストライク(モンスト)でのエラーコード一覧は次の通りになります。

サーバー障害のエラーコード

モンスターストライク(モンスト)では、サーバー障害の際に出るエラーコードがあります。

そのエラーコードは、【0】です。

通信障害のエラーコード

モンスターストライク(モンスト)では、通信障害のエラーコードも存在します。

そのエラーコードは【1】と【-1】と【401】です。

【401】の場合は、ログイン認証に失敗した場合も同じエラーコードがでることがあります。

メンテナンス時やイベント時に出るエラーコード

モンスターストライク(モンスト)のエラーコードには、メンテナンス時のエラーコードもあるとのことです。

そのエラーコードは、【503】と【504】です。

このエラーコードはアクセスが集中したことでサーバーに負荷がかかった場合も出ることがあります。

ちなみにサーバー負荷のエラーコードは、【501】や【502】のエラーコードもあるとのことです。

モンスターストライク(モンスト)でエラーコードの原因と対処法

エラーコード【0】の原因と対処法

このコードはサーバー障害が原因とのことです。

そのため運営側も問題もありますので、ユーザーでどうすることもできないです。

時間が解決してくれるエラーコードとのことです。

【1】と【-1】と【401】のエラーコードの原因と対処法

このエラーコードが出た場合は、通信エラーが原因です。

端末の通信環境に問題があることが多いといわれています。

高速データ通信が出来ないときにもよく発生するエラーコードでもあります。

また、電波が悪いところでも表示されるエラーコードです。

対処法としては、自分の端末の電波状態をまずは確認しましょう。

ちなみに【401】の場合は、ログイン認証の失敗でも表示されます。

そのため、自身のアカウントに間違いないか確認をして下さい。

【503】と【504】のエラーコードの原因と対処法

このエラーコードが表示される場合は、アクセス集中のときが多いです。

イベントなどが行われるとよくサーバーに負荷がかかり起こるとのことです。

この場合の対処法としては、時間を置いてアプリを起動させると解決されることがあります。

もしくは、更新を行うことで解決されることが多いとのことです。

まとめ

  • サーバー障害のエラーコード
  • 通信障害のエラーコード
  • メンテナンス時やイベント時に出るエラーコード

モンスターストライク(モンスト) エラーコード一覧まとめについて紹介しました。

これからモンスターストライク(モンスト)を始める方もぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめアプリ
スポンサードリンク

注目記事

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

よくツイートされる記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ