Tinder エラーコード一覧まとめ

スポンサードリンク

 0 
 0 


Tinderでエラーコードが出て不具合が起こる場合があります。

なお、エラーコードには次のようなコードがあります。

  • エラーコード40303
  • エラーコードN:(-XXXX)
  • エラーコード5000
  • エラーコード1011

今回はそんなTinderのエラーコードについて紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


Tinderのエラーコード一覧

Tinderのエラーコードは次のようになっています。

エラーコード40303

エラーコード40303というエラーが表示される場合があります。

このエラーコードはガイドライン違反でアカウントが消えていることを意味します。

アプリの利用で、迷惑メッセージ送った記憶がないか確認してみてください。

エラーコードN:(-XXXX)

エラーコードN:(-XXXX)というエラーが出る場合があります。

このエラーコードはネット環境に不具合が起きている場合に出るエラーコードです。

一度ネット環境をチェックしてみてください。

エラーコード5000

エラーコード5000というエラーが出る場合があります。

このエラーコードは一時的な障害が起きているときに出るエラーコードです。

一度、運営側で何か障害が起きていないかチェックしてみてください。

エラーコード1011

エラーコード1011というエラーが出る場合があります。

このエラーコードはモバイルデータ通信に不具合があるときに出るエラーコードです。

モバイルデータ通信をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

でエラーコードが出た場合の対処法は

エラーコード40303の場合

エラーコード40303が出る場合は、どうしようもありません。

アカウントが削除されると二度と復活することはさせません。

そのため、二度とアプリを利用できないということになります。

エラーコードN:(-XXXX)の場合

エラーコードN:(-XXXX)が出る場合は、ネット環境を正しく設定しましょう。

モバイルデータ通信や機内モードを正しく設定しなおしましょう。

そうすることで不具合が解決される場合があります

エラーコード5000の場合

エラーコード5000というエラーが出る場合は、どうしようもありません。

この場合は少し時間を空けてみてください。

そのうち運営側で不具合が解決されエラーコードが出なくなくなる場合があります。

エラーコード1011の場合

エラーコード1011が出る場合は、モバイルデータ通信をオフにしてください。

オフに設定した後、Wi-Fi環境を使ってアプリを利用してください。

そうすることで不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • エラーコード40303
  • エラーコードN:(-XXXX)
  • エラーコード5000
  • エラーコード1011

Tinder エラーコード一覧まとめについて紹介しました。

Tinderをこれから利用される方もぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ