twitterアプリが開かない・起動しない原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

twitter_logo_white_on_blue-edited

人気SNS・twitterではPCだけでなくスマートフォンから利用できるように専用アプリがあります。

ただし、twitterは元々PCのコンテンツのためかアプリでは様々な不具合が起こります。

その中でアプリが開かない・起動しない場合は以下の原因と対処法を参考にしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


twitterアプリが開かない・起動しない原因

Twitterアプリが開かない・起動しない原因は以下になります。

アプリの更新が失敗している

これは通信環境の確認にも入ることですが、twitterアプリは頻繁に更新されるアプリの一つです。

そのため更新されている途中で電波が切れたり、通信環境が悪くなったりすると正常にアプリの更新ができません。

それでもアップデート終了の表示がされることもあるので正常に更新できているかをまず確認しましょう。

ストレージの確認

ストレージの空き容量が少なかったり、キャッシュが溜まっていたりすると正常にアプリを起動できません。

設定のストレージから空き容量とキャッシュを確認しましょう。

OSの確認

iPhoneやandroidではそれぞれOSが違うのですが、OSの更新時期は大体同じくらいになるのでどちらにも当てはまることに入ります。

OSは新しいものが出ると更新するのが常ですが、すぐに更新するとユーザーにとってはマイナスなところもあります。

最新機種の方は特にOSの確認をしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

注目記事

twitterアプリが開かない・起動しない原因の対処法

twitterアプリが開かない・起動しない原因の対処法を以下になります。

アプリの更新が失敗している

アプリの更新が失敗しているということを確認するにはまずアプリのバージョンの確認をしましょう。

設定のアプリ管理からtwitterアプリの詳細を開くことでタイトルの下にバージョンが書かれていることがわかります。

各ストアに書いてあるバージョンと照らし合わせて違う時(更新ボタンがない場合)は再インストールすることで改善されます。

※アプリの更新が成功していてもバグが発生している可能性があります。

ストレージの確認

ストレージの空き容量が無かったり、キャッシュが溜まっていたりする状態だった場合はキャッシュを削除し、不要なデータやアプリの削除をしましょう。

キャッシュや不要なデータを削除した後は端末の再起動がおすすめです。

OSの確認

OSは最新であればいいこともありますが、更新されたばかりの頃はアプリが未対応で不具合を起こすときがあります。

特にゲームアプリに多いのですが、twitterアプリも例外ではありません。

最新のOSにすぐにしてしまうとどんな不具合が起こるかわからないので、まずは様々なアプリのお知らせを確認してから更新をしましょう。

未対応の状態で更新してしまった場合は対応を待つしかありません。

グレードダウンという方法もありますが、端末に不具合をきたす恐れがあるのでおすすめしません。

まとめ

  • アプリの更新が失敗している
  • ストレージの確認
  • OSの確認

今回はtwitterアプリが開かない・起動しない原因と対処法をまとめました。

元々PCのコンテンツなので不具合は多いこともありますが、アプリが起動しないというのはまた別の話になります。

なかなか起動しない場合は、データはサーバに預けられているので一旦アンインストールするという方法がおすすめです。

アプリの更新が失敗していても、更新ボタンがないために更新できていると思いがちなので気をつけてください。

これからtwitterアプリを使う方はぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ