twitterアプリをインストールできない原因と対処法とは


▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

twitter_logo_white_on_blue-edited

世界中で使われることの多いSNS・twitterにはスマートフォン専用アプリがあります。

スマートフォンで簡単にどこでもツイートできるためtwitterを利用する方におすすめのアプリです。

ですが、不具合により正常にインストールできない時があります。

インストールできない場合は、原因と対処法を参考にして下さい。

スポンサードリンク

twitterアプリをインストールできない原因

twitterアプリをインストールできない原因は以下になります。

ストレージの空き容量

ストレージの空き容量が少ない・足りない場合正常にインストールできません。

容量が問題の場合は機種によって表示が出ます。

設定からストレージの空き容量を確認しましょう。

通信環境の確認

通信環境が悪いと正常にインストールできません。

通信環境が各キャリアの方は設定の通信量を確認しましょう。

ストアの不具合

ストアの不具合によりインストールが正常に行えない時があります。

通信環境やストレージを確認後他に不具合がなければストアが原因の恐れがあります。

twitterアプリをインストールできない原因の対処法

twitterアプリをインストールできない原因の対処法は以下になります。

ストレージの空き容量

ストレージの空き容量が足りない場合インストールができません。

まずはキャッシュを削除し、不要なデータを削除しましょう。

不要なデータを削除する際は必要なデータやアプリを削除しないように注意しましょう。

キャッシュは削除してもアプリやデータは消えません。

容量を3GBほど開けておくと端末の動作にも余裕ができます。

データを整理した後は端末の再起動を行っておきましょう。

通信環境の確認

通信環境が悪い・通信制限がかかっている場合インストールを正常に行えない可能性があります。

各キャリアの場合はWi-Fiに切り替えることで改善されます。

端末全体でネットワークが遮断されている場合は機内モードをONにし、少ししてからOFFにすることで改善されます。

ストアの不具合

ストアの不具合により正常にインストールを行えない時があります。

Appstore、Googleplaystore関係なく起こる不具合で、端末に問題がなく何度インストールを行ってもインストールできない場合が挙げられます。

その時はまず少し時間を置いてから再度インストールを行ってください。

それでもインストールできない場合は翌日まで待つか、問い合わせをしましょう。

問い合わせせずとも時間を置けば改善することがほとんどになります。

まとめ

  • ストレージの空き容量
  • 通信環境の確認
  • ストアの不具合

今回はtwitterアプリをインストールできない原因と対処法についてまとめました。

インストールできない原因は主にストアにあることが多く、端末が原因の場合は通信環境や空き容量によるものになります。

他のアプリでもインストールを行う際は空き容量と通信環境に気をつけましょう。

これからtwitterアプリを利用する予定の方は参考にしてください。

当サイトおすすめアプリ
スポンサードリンク

注目記事

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

よくツイートされる記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ