twitterアプリにログインできない原因と対処法とは


▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

twitter_logo_white_on_blue-edited

世界中の人が使うSNS・Twitterではアプリを使ってスマホからいつでもツイートできます。

Twitterの利用にアカウントが必要になるのですが、アプリ自体のログインとアカウントのログインができない現象が起きます。

ログインできない時は原因と対処法を参考にしてください。

スポンサードリンク

twitterアプリにログインできない原因

TwitterアプリでTwitterを利用する際にログインできない原因は以下になります。

Twitterのシステムトラブル

Twitterアプリにログインできない原因の主なものとしてTwitterのシステムトラブルがあります。

Twitterは世界規模のSNSの一つのためシステムトラブルが他のSNSより少々多い時があります。

パスワードの使いまわしとアカウント乗っ取り

TwitterなどのSNSではアカウントIDとパスワードが必要になります。

その時にパスワードを他のアカウントと同じものにしてしまうとログインできなる可能性があります。

さらに、Twitterではアカウント情報の乗っ取りといったこともあります。

通信環境の確認

端末の通信環境が悪いと正常にログインできない可能性があります。

各キャリア(携帯会社)でも環境が悪い時がありますが、ファミレスなどの無料Wi-Fiはもっと状態が悪くなる可能性があります。

各キャリアの場合は設定から通信量の確認をしましょう。

パスワードを忘れた

ユーザーが原因で起こるログインできない原因はパスワードを忘れるということです。

パスワードを忘れてしまうと当然ログインできません。

twitterアプリにログインできない原因の対処法

Twitterアプリにログインできない原因の対処法は以下になります。

Twitterのシステムトラブル

Twitterのシステムトラブルが原因でログインできない場合はトラブルが解消するまで待つしかありません。

数時間置いてから再度ログインを試し、ログインできない場合は再起動やキャッシュの削除もおすすめです。

パスワードの使いまわしとアカウント乗っ取り

パスワードを様々なアカウントで使いまわしすると、ウイルスなどに引っかかったときにパスワードが盗み取られてしまう時があります。

乗っ取りをしたユーザーがパスワードを変えてしまうとログインできなくなってしまいます。

通常パスワードは端末に保存しておくことが多いのですが、端末には保存せず、メモなどで保存することで乗っ取りを防げます。

使いまわしも同様でパスワードが無効になることがあるのでアカウントごとのパスワードは変えておきましょう。

通信環境の確認

通信環境が各キャリアやファミレスなどの無料Wi-Fiだった場合は通信状況が悪く正常にログインできない時があります。

各キャリアでログインできない場合は通信制限の可能性があるので設定の通信量から確認し、通信制限がかかっていた場合はWi-Fiに切り替えましょう。

キャッシュの削除や端末の再起動で改善する時もあります。

パスワードを忘れた

ユーザーが原因でログインできない主な原因はパスワードを忘れることです。

パスワードを忘れることが多いためパスワードの再設定ができるようになっています。

登録アドレスやユーザーIDがあればできるので乗っ取られた場合もそれで対処できます。

まとめ

  • Twitterのシステムトラブル
  • パスワードの使いまわしとアカウント乗っ取り
  • 通信環境の確認
  • パスワードを忘れた

今回はTwitterアプリにログインできない原因と対処法についてまとめました。

ログインできない主な原因はシステムトラブル、パスワードを忘れるということです。

稀にアカウントの乗っ取りなどもあるのでパスワードを他のものと同じにするのは控えておきましょう。

これからTwitterアプリを使う方は参考にしてください。

スポンサードリンク

注目記事

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

よくツイートされる記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ