twitterアプリをアップデートできない原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

twitter_logo_white_on_blue-edited

世界的人気SNSの一つtwitterにはスマートフォン専用のアプリがあります。

公式のtwitterアプリでは時折アップデートできない不具合が起こります。

何をしてもアップデートできない・失敗するという場合は原因と対処法を参考にしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


twitterアプリをアップデートできない原因

twitterアプリをアップデートできない原因は以下になります。

ストレージの確認

アップデートを開始したのに途中でエラーを起こす場合の原因の一つはストレージの空き容量です。

アップデートをする際にストレージの空き容量が少ない状態だと強制的に中断もしくは、アップデートができたとしてもバグが残る可能性があります。

通信環境の確認

通信環境が悪いと更新時にエラーを起こす可能性があります。

更新している途中でエラーが起き、強制的に中断された場合は通信環境が悪い、各キャリアの場合は通信制限がかかっている状態が考えられます。

通信量の確認や通信環境の確認をしましょう。

ストアの不具合

アプリの更新時に通信環境が悪くもなく空き容量に余裕があるにもかかわらず、アップデートできない場合、ストアが原因の可能性があります。

各ストアでよくある現象なのでストレージ、通信環境を確認しても異常がない時はストアが原因となります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

注目記事

twitterアプリをアップデートできない原因の対処法

twitterアプリをアップデートできない原因の対処法は以下になります。

ストレージの確認

端末に大量のアプリをインストールしている場合はアップデートする前にストレージの空き容量の確認をしましょう。

その際にキャッシュの削除を行っておくとスムーズにアップデートを行えます。

ストレージの空き容量が足りず、エラーで中断した場合も同じようにキャッシュの削除をし、空き容量の確認をしましょう。

場合によってキャッシュだけでなく、アプリや不要なデータを削除する必要があります。

通信環境の確認

通信環境が悪い場所にいる場合は通信環境のいい場所で再度アップデートを行いましょう。

環境が悪いままアップデートすると不具合の原因になります。

各キャリア(携帯会社)の環境の場合は通信量を確認し、通信制限がかかっていた時はWi-Fiに切り替えることで改善されます。

ストアの不具合

ストレージの空き容量が足りないわけでもなく、通信環境が悪いわけでもない場合はストアの不具合になります。

Appstore、Googleplaystore関係なくストアではアップデート・インストール時にエラーを起こす現象がよく見られます。

頻繁にというほどではありませんが、ユーザー側に問題がない場合はストアが原因の可能性があります。

アップデートに失敗した時は少し時間を置くか一日時間を置くと改善されます。

まとめ

  • ストレージの確認
  • 通信環境の確認
  • ストアの不具合

今回はtwitterアプリをアップデートできない原因と対処法についてまとめました。

ユーザー側に原因がない場合はストアが障害を起こしていることが挙げられます。

そのため端末の環境が整っていても意味がないのでまずは慌てず少し時間を置きましょう。

ストレージの空き容量が足りない時は端末によって表示されるものも有ります。

これからtwitterアプリを使う方はぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ