WhatsAppのメッセージが既読にならない原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

This post is also available in: enEnglish (英語)

WhatsAppのメッセージが既読にならないといった不具合が起こることがあるようです。

なお、WhatsAppのメッセージが既読にならない原因には次のようなことが考えられます。

  • 相手がメッセージを読んでいない
  • Confirmationsdelectureがオフになっている
  • アプリにバグが生じている
  • 送信した相手にブロックされている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


WhatsAppのメッセージが既読にならない原因

WhatsAppのメッセージが既読にならない場合は次のことを確認してみてください。

相手がメッセージを読んでいない

既読にならないのは、相手がメッセージを読んでいないのかも知れません。

LINEなどと同じで、WhatAppでも相手が読むことで既読になります。

そのため、メッセージを相手が読んでいない可能性があります。

Confirmationsdelectureがオフになっている

Confirmationsdelectureがオフになっていないか確認してください。

自身と相手の端末のConfirmationsdelectureの設定で、どちらかがオフになっている可能性があります。

WhatApp→Réglages→Compte→Confidentialité→Confirmationsdelectureで確認できます。

アプリにバグが生じている

アプリにバグが生じていないか確認してください。

長時間の使用などによりアプリにバグが生じる場合があります。

一度、他のアプリでも同じことが起きないか確認してみてください。

送信した相手にブロックされている

送信した相手にブロックされていないか確認してください。

相手にブロックされているとメッセージが既読にならない場合があります。

何日も既読にならない場合はその可能性があります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

注目記事

WhatsAppのメッセージが既読にならない場合の対処法は

相手がメッセージを読んでいない場合

相手がメッセージを読んでいない場合は、少し時間を空けましょう。

相手にも予定がありますので、何かしら見られない状況なのかも知れません。

1日経っても既読にならない場合は、もう一度メッセージを送ってみてください。

Confirmationsdelectureがオフになっている場合

Confirmationsdelectureがオフになっている場合は設定を見直しましょう。

相手の設定は変更できませんが、自身の設定はオフになっていればオンに変更できます。

そうすることで不具合が解決する場合があります。

アプリにバグが生じている場合

アプリにバグが生じている場合は、端末を再起動してみてください。

再起動するためには、電源を落とし少し時間を空けて再び電源を入れなおしすることで出来ます。

それでも解決しない場合はアプリを再インストールすることで解決する場合もあります。

送信した相手にブロックされている場合

送信した相手にブロックされている場合は、どうしようもありません。

相手にも何か事情があったのかも知れません。

間違ってブロックしてしまっている可能性もあるので、相手に確認することで解決する場合もあります。

まとめ

  • 相手がメッセージを読んでいない
  • Confirmationsdelectureがオフになっている
  • アプリにバグが生じている
  • 送信した相手にブロックされている

WhatsAppのメッセージが既読にならない原因と対処法とはについて紹介しました。

WhatsAppを使われる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ