WhatsAppがアップデートできない原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

This post is also available in: enEnglish (英語)

WhatsAppがアップデートできないといった不具合が起こることがあるようです。

なお、WhatsAppがアップデートできない原因には次のようなことが考えられます。

  • スマホ端末のメモリが少ない
  • AppStoreに不具合が起きている
  • Wi-Fiに繋がっていない
  • 他のアプリがアップデート中になっている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


WhatsAppがアップデートできない原因

WhatsAppがアップデートできない場合は次のことを確認してみてください。

スマホ端末のメモリが少ない

スマホ端末のメモリが少なくないか確認してください。

もしかしたら、メモリが少なくなっていることで新しいデータが更新できないのかも知れません。

一度、端末のストレージの使用状況をチェックしてみてください。

AppStoreに不具合が起きている

AppStoreに不具合が起きていないか確認してください。

長時間スマホを使っていたりするとAppStoreに不具合が起きる場合があります。

一度、他のアプリでも同じことが起きるか確認してください。

Wi-Fiに繋がっていない

Wi-Fiに繋がっているか確認してください。

もしかしたらデータ容量が大きくてアップデートできないのかも知れません。

一度、ネット環境をチェックしてみてください。

他のアプリがアップデート中になっている

他のアプリがアップデート中になっていないか確認してください。

もしかしたら先に他のアプリをアップデートしていることが原因かも知れません。

一度、端末内にアップデート中のアプリがないか確認してみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


注目記事

WhatsAppがアップデートできない場合の対処法は

スマホ端末のメモリが少ない場合

スマホ端末のメモリが少ない場合は、メモリの空き容量を増やしてください。

増やすためには、不要なアプリや、データなどを削除してください。

そうすることで、不具合が解決される場合があります。

AppStoreに不具合が起きている場合

AppStoreに不具合が起きている場合は、端末を再起動してください。

端末を再起動することで、ほとんどの不具合が解決されます。

それでも解決しない場合は、AppStoreをサインインしなおしてください。

Wi-Fiに繋がっていない場合

Wi-Fiに繋がっていない場合は、Wi-Fiに繋げてください。

自宅にWi-Fiがない場合は街中にある無料のWi-Fiスポットを活用してください。

そうすることで、不具合が解決される場合があります。

他のアプリがアップデート中になっている場合

他のアプリがアップデート中になっている場合は、待ちましょう。

他のアプリがアップデート終るのを待ってから、WhatAppをアップデートしてください。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

まとめ

  • スマホ端末のメモリが少ない
  • AppStoreに不具合が起きている
  • Wi-Fiに繋がっていない
  • 他のアプリがアップデート中になっている

WhatsAppがアップデートできない原因と対処法とはについて紹介しました。

WhatsAppを使われる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ