YouTubeをダウンロードできない原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

This post is also available in: enEnglish (英語)


「YouTube」をダウンロードできない原因としては、以下の原因が考えられます。

  • 通信設定に問題がある
  • 各種キャッシュが溜まりすぎている
  • 端末に「YouTube」を入れられるだけの空き容量がない

今回は「YouTube」がダウンロードできない時の、原因と対処法についてまとめてみました。

「YouTube」のアプリをダウンロードしたいけど出来ないといった、悩ましい状況の時にお役立て下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


「YouTube」をダウンロードできない原因

通信設定に問題がある

「YouTube」をダウンロードできない原因として、まず考えなくてはいけないのが通信設定に問題があるという状態です。

高速データ通信の制限や機内モードの設定が、ダウンロードを妨げている可能性があります。

キャッシュが溜まりすぎている

意外に見落としがちですが、キャッシュが溜まりすぎているという状態も、ダウンロードができない原因に繋がります。

普段から利用している、Google ChromeやSafariといったブラウザのキャッシュを溜め込まないようにしましょう。

端末に「YouTube」を入れられるだけの空き容量がない

端末に「YouTube」を入れられるだけの空き容量がないという場合も、「YouTube」がダウンロードできないといった状況に繋がります。

端末の空き容量が少ないと、「YouTube」の動作も重くなったり遅くなったりするため注意が必要です。

「YouTube」をダウンロードできない時の対処法

通信設定に問題がある場合

通信設定に問題がある場合は、各種通信設定を見直して下さい。

例えば、機内モードがONになっていないか、高速データ通信に制限が掛かっていないかという点です。

またWi-Fi通信を使っていても、Wi-Fi通信が不安定でダウンロードできないといった状態も考えられます。

そういった場合は、別のWi-Fiを使ってみるといった他の通信方法を試してみましょう。

各種キャッシュが溜まりすぎている場合

各種キャッシュが溜まってダウンロードができない場合は、一度キャッシュを消して、再度「YouTube」をダウンロードしてみましょう。

キャッシュがダウンロードと関係ないかと思う人もいるかも知れませんが、キャッシュがダウンロードの邪魔をしている状況は割と有ります。

端末に「YouTube」を入れられるだけの空き容量がない場合

端末に「YouTube」を入れられるだけの空き容量がない場合は、余計なアプリを削除して、端末の空き容量を増やして下さい。

普段から空き容量を大きめにとっておくと、ゲームの動作が遅い、アップデートができないといった他のトラブルの防止になるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

まとめ

  • 通信設定に問題がある
  • 各種キャッシュが溜まりすぎている
  • 端末に「YouTube」を入れられるだけの空き容量がない

「YouTube」がダウンロードできない時は、今回ご紹介した状態が原因になっている可能性があります。

「YouTube」がダウンロードできないといった問題が発生する前に、原因と対処法を把握しておくと、トラブルの解決が楽になるでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ