YouTubeが遅くなる・重くなる原因と対処法とは

This post is also available in: enEnglish (英語)


「YouTube」が遅くなる・重くなるといった場合、どのような原因が発生しているのでしょうか?

遅くなる・重くなるといった場合、発生しやすい原因は以下の通りです。

  • 速度制限がかかっている
  • 高画質の動画を読み込んでいる
  • 各種通知により動作が重くなる

「YouTube」を利用していてアプリが遅くなったり重くなったりした時は、一度ご紹介する対処法を試した方が良いでしょう。

「YouTube」が遅くなる・重くなる原因

速度制限がかかっている

「YouTube」は、動画を見るためにとても大きなデータを受信します。

そのため、動画を視聴しすぎると膨大なデータを受信するため速度制限がかかり、「YouTube」が遅くなる・重くなるといった状況が発生します。

一度「YouTube」によって、どれくらいのデータを使用しているかチェックしてみましょう。

高画質の動画を読み込んでいる

高画質の動画を読み込んでいる場合は、動画の読み込みが極端に遅くなります。

一度見ようとしている動画の画質を、チェックしてみた方が良いでしょう。

通知により動作が重くなる

動画を見ている際に各種通知が表示されると、「YouTube」が重くなったり遅くなったりといった状況が発生します。

通知は表示された瞬間だけでなく、表示される前や消す時にも、端末に負担を掛けてアプリの動作を重くします。

最近はゲームによる通知が増えているため、意外に当てはまる人が多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


「YouTube」が遅くなる・重くなる時の対処法

速度制限がかかっている場合

速度制限がかかっている場合は、SIMカードを契約している会社にデータの追加料金を払って、速度制限を解除しましょう。

追加料金を払いたくないという方は、通信制限の解除日まで待つしかありません。

高画質の動画を読み込んでいる場合

高画質の動画を読み込んで動作が遅く重くなっている場合は、画質を下げてみると良いでしょう。

画質は、「YouTube」の「設定画面(︙)」から「画質」で設定できます。

通知により動作が重くなる場合

通知により動作が重くなる場合は、必要な通知以外をOFFにしましょう。

通知は、1つ1つのアプリを起動させて通知設定を解除するよりも、使っている端末の設定画面から解除してしまった方が楽です。

まとめ

  • 速度制限がかかっている
  • 高画質の動画を読み込んでいる
  • 通知により動作が重くなる

「YouTube」は、見ているだけで時間がドンドン過ぎていく、夢中になれる素晴らしいサイトです。

ただし、動画を見るということは、それだけデータのやり取りをしているという点を頭に入れておいた方が良いでしょう。