YouTubeがアップデートできない時の原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

This post is also available in: enEnglish (英語)


「YouTube」のアプリがアップデートできない時は、以下の原因が考えられます。

  • 「YouTube」側に不具合が起きている
  • 端末のOSが更新された「YouTube」に対応していない
  • 各種支払いが滞っている

「YouTube」を利用していて、「あれ? アップデートができないな」といった時、参考にされては如何でしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


「YouTube」がアップデートできない時の原因

「YouTube」側に不具合が起きている

「YouTube」がアップデートできない時の代表的な原因が、「YouTube」側に不具合が起きているというパターンです。

この場合は、あなただけでなく、多数のユーザーがアップデートできない状態に陥っています。

端末のOSが更新された「YouTube」に対応していない

端末のOSが、更新された「YouTube」に対応していないという状態も、アップデートができないといったトラブルに繋がるでしょう。

この原因は、古い端末を利用している人に、発生しやすい不具合と言えます。

各種支払いが滞っている

App StoreやiTunes Storeを利用している人は、各種支払いが滞っているという状態にも気を付けなければなりません。

App StoreやiTunes Storeでは、課金した内容が正しく決済されていないと、アプリがアップデートできなくなる状態に繋がります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

「YouTube」がアップデートできない時の対処法

「YouTube」側に不具合が起きている場合

「YouTube」側に不具合が起きてアップデートができない場合は、「YouTube」側の不具合が改善されるのを待つしかありません。

ある程度時間が経ったら、再度アップデートを試してみましょう。

端末のOSが更新された「YouTube」に対応していない場合

端末のOSが更新された「YouTube」に対応していない場合は、端末のOSを最新のバージョンに更新してから、再度「YouTube」のアップデートを試してみましょう。

端末のOSにおけるバージョンが原因であれば、OSを更新するだけで不具合は解消されるはずです。

各種支払いが滞っている場合

各種支払いが滞っておりアップデートができない場合は、支払いを正しく決済させてから、再度アップデートを試してみましょう。

クレジットカードやデビットカードの対象となっている銀行口座の残高は、常に多目を保ち、利用停止にならないように気を付けてください。

まとめ

  • 「YouTube」側に不具合が起きている
  • 端末のOSが更新された「YouTube」に対応していない
  • 各種支払いが滞っている

以上が「YouTube」における、アップデートができない時の代表的な原因です。

「YouTube」をアップデートする時に、このような原因があるという事を頭に入れておくと、いざっていう時に冷静な判断ができるでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ