PUBG MOBILEが強制終了で落ちる原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 


PUBG MOBILEが強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、PUBG MOBILEが強制終了で落ちる原因には次のようなことが考えられます。

・端末のメモリがいっぱいになっている

・タスク内に起動させているアプリがある

・端末を使用し過ぎている

・OSが対応していない

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PUBG MOBILEが強制終了で落ちる原因

PUBG MOBILEが強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

端末のメモリがいっぱいになっている

端末のメモリがいっぱいになっていないか確認してください。

もしかしたら、自身のメモリの容量をオーバーしているのかも知れません。

一度、端末内のメモリをチェックしてみてください。

タスク内に起動させているアプリがある

タスク内に起動させているアプリがあるか確認してみてください。

タスク内の起動アプリが多いと、端末に負担がかかってしまいます。

そのことで、不具合が起きているのかも知れません。

端末を使用し過ぎている

端末を使用しすぎていないか確認してください。

もしかしたら、使用し過ぎていることで、CPUに負荷がかかっているのかも知れません。

一度、端末を持って熱などがないかチェックしてみてください。

OSが対応していない

OSが対応しているか確認してください。

OSが対応していないと、強制終了で落ちる場合があります。

一度、端末内に新しいOS情報がないかチェックしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

注目記事

PUBG MOBILEが強制終了で落ちる場合の対処法は

端末のメモリがいっぱいになっている場合

端末内のメモリがいっぱいになっている場合はメモリを増やしてください。

メモリを増やすためには、画像や動画など不要なものを削除してください。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

タスク内に起動させているアプリがある場合

タスク内に起動させているアプリがある場合は、全て終了させてください。

終了させることで、端末にかかる負荷も軽減されます。

それにより、不具合が解決する場合があります。

端末を使用し過ぎている場合

端末を使用し過ぎていないか確認してください。

たまには端末も休ませてあげないと、熱を持ったり処理が遅くなったります。

そうすると、不具合が改善される場合があります。

OSが対応していない場合

運営のサポートセンターへ問い合わせてみてください。

アプリ側の不具合であれば、臨時メンテナンスをして改善してもらえるはずです。

そうすると、不具合が改善される場合があります。

まとめ

・端末のメモリがいっぱいになっている

・タスク内に起動させているアプリがある

・端末を使用し過ぎている

・OSが対応していない

PUBG MOBILEが強制終了で落ちる原因と対処法について紹介しました。

PUBG MOBILEをプレイする方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ