Tinderが強制終了で落ちる原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 


Tinderが強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、Tinderが強制終了で落ちる原因には次のようなことが考えられます。

  • スマホ端末のメモリーが不足している
  • アプリのアップデートができていない
  • 他のアプリを起動し過ぎている
  • CPUが熱を持っている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


Tinderが強制終了で落ちる原因

Tinderが強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

スマホ端末のメモリーが不足している

スマホ端末のメモリーが不足していないか確認してください。

メモリーが不足していると不具合が起きる場合があります。

設定画面のストレージの使用状況をチェックしてみてください。

アプリのアップデートができていない

アプリのアップデートができているか確認してください。

アップデートができていないことで強制終了で落ちる場合があります。

一度AppStoreでチェックしてみてください。

他のアプリを起動し過ぎている

他のアプリを起動し過ぎていないか確認してください。

アプリを起動し過ぎていると強制終了で落ちる場合があります。

一度マルチタスク内をチェックしてみてください。

CPUが熱を持っている

CPUが熱を持っていないか確認してください。

長時間の利用により、スマホのCPUが熱を持っているのかもしれません。

一度、自身の端末をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

Tinderが強制終了で落ちる場合の対処法は

スマホ端末のメモリーが不足している場合

スマホ端末のメモリーが不足している場合は空き容量を増やしてください。

空き容量を増やすためには不要なアプリなどを削除しましょう。

そうすることで不具合が解決される場合があります。

アプリのアップデートができていない場合

アプリのアップデートができていない場合は、新しいデータを更新しましょう。

AppStoreのアプリの横にあるアップデートボタンを押してください。

そうすることでアプリデータが新しく更新され不具合が解決される場合があります。

他のアプリを起動し過ぎている場合

他のアプリを起動し過ぎている場合は全てのアプリを終了させましょう。

終了させるためにはホームボタンを2回押し上にスワイプするだけです。

そうすることで不具合が解決される場合があります。

CPUが熱を持っている場合

CPUが熱を持っている場合は端末を冷やしましょう。

端末を冷やすためには、電源落とし少し時間をおいてください。

そしてもう一度電源を入れ直すことで不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • スマホ端末のメモリーが不足している
  • アプリのアップデートができていない
  • 他のアプリを起動し過ぎている
  • CPUが熱を持っている

Tinderが強制終了で落ちる原因と対処法について紹介しました。

Tinderをこれから利用される方もぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ