WhatsAppをダウンロードできない原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

This post is also available in: enEnglish (英語)


WhatsAppをダウンロードできないといった場合があるようです。

なお、WhatsAppをダウンロードできない原因には次のようなことが考えられます。

  • 運営側がメンテナンスをしている
  • AppStoreでバグが起きている
  • インターネットにつながっていない
  • 端末のメモリが足りていない

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


WhatsAppをダウンロードできない原因

WhatsAppをダウンロードできない場合は次のことを確認してみてください。

運営側がメンテナンスをしている

運営側がメンテナンスをしていないか確認してください。

もしかしたら、運営側がメンテナンスをしていることで、不具合が起きているのかもしれません。

一度、公式サイトをチェックしてみてください。

AppStoreでバグが起きている

AppStoreでバグが起きていないか確認してください。

もしかしたら、AppStoreで何かしらのバグが起きているのかもしれません。

他のアプリでも同じ現象が起きるかチェックしてみてください。

インターネットにつながっていない

インターネットにつながっているか確認してください。

ダウンロードするためには、インターネットにつながっている必要があります。

一度、ネット環境をチェックしてみてください。

端末のメモリが足りていない

端末のメモリが足りているか確認してください。

もしかしたら、メモリが足りていないことでダウンロードできないのかもしれません。

一度、設定画面でチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

注目記事

WhatsAppをダウンロードできない場合の対処法は

運営側がメンテナンスをしている場合

運営側がメンテナンスをしている場合は、どうしようもありません。

この場合は、黙って運営側が解決してくれるまで待ちましょう。

その間は他のアプリでも起動して楽しんでおきましょう。

AppStoreでバグが起きている場合

AppStoreでバグが起きている場合は、端末を再起動してください。

再起動することで、大半の不具合が解決される場合があります。

それでも解決しない場合は、AppStoreをサインインしなおしてください。

インターネットにつながっていない場合

インターネットにつながっていない場合は、インターネットにつなげましょう。

モバイルデータ通信などを正常に設定しなおしましょう。

そうすることで、ダウンロードできるようになり不具合が解決する場合があります。

端末のメモリが足りていない場合

端末のメモリが足りていない場合は、メモリの空き容量を増やしてください。

増やすためには、端末内で使っていないアプリなどを削除しましょう。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

まとめ

  • 運営側がメンテナンスをしている
  • AppStoreでバグが起きている
  • インターネットにつながっていない
  • 端末のメモリが足りていない

WhatsAppをダウンロードできない原因と対処法とはについて紹介しました。

WhatsAppを使われる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ