YouTubeが強制終了で落ちる原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

This post is also available in: enEnglish (英語)


「YouTube」は、動画を見続けるため、端末に負荷がかかりやすいアプリと言えるでしょう。

そんな「YouTube」で起こりやすいトラブルと言えば、強制終了です。

「YouTube」で発生する強制終了には、以下の原因が考えられます。

  • 各種キャッシュが溜まりすぎている
  • 余計な位置情報サービスを有効にしている
  • 視覚効果により端末に負荷がかかっている

今回は「YouTube」における、強制終了の原因と対処法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


「YouTube」が強制終了で落ちる原因

各種キャッシュが溜まりすぎている

各種キャッシュが溜まっているという状態は、「YouTube」が強制終了で落ちるというトラブルに繋がります。

最初の内は、「YouTube」の動作が遅い・重いという不具合だけで済みますが、最終的には端末に負荷がかかりすぎて強制終了に陥るでしょう。

余計な位置情報サービスを有効にしている

余計な位置情報サービスを有効にしていると、使っている端末に負荷がかかり、「YouTube」の強制終了に繋がります。

いろいろなアプリを端末に多く入れている方は、この原因を疑っても良いでしょう。

視覚効果により端末に負荷がかかっている

iPhoneやiPadといった端末を使っている場合に多いのが、視覚効果により端末に負荷がかかり、強制終了に繋がるというパターンです。

意外かと思うかも知れませんが、視覚効果は端末にかなりの負荷が掛かります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


注目記事

「YouTube」が強制終了で落ちる時の対処法

各種キャッシュが溜まりすぎている場合

各種キャッシュが溜まって、強制終了してしまう場合は、キャッシュを削除して端末への負荷を軽減してください。

キャッシュを削除する場合は、1つ1つデータを削除するのではなく、タダでキャッシュを消してくれるようなアプリを活用しましょう。

余計な位置情報サービスを有効にしている場合

余計な位置情報サービスを有効にしている場合は、余計な位置情報サービスを無効にしてみましょう。

位置情報サービスは、端末の「設定」から操作可能です。

iPhoneの場合は、「設定」→「プライバシー」から操作して下さい。

視覚効果により端末に負荷がかかっている場合

視覚効果により端末に負荷がかかっている場合は、視覚効果を減らしてみましょう。

視覚効果は、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」から「視差効果を減らす」により設定可能です。

Appleの製品を利用している場合は、是非とも試してみましょう。

まとめ

  • 各種キャッシュが溜まりすぎている
  • 余計な位置情報サービスを有効にしている
  • 視覚効果により端末に負荷がかかっている

貴方は「YouTube」が強制終了してしまった時に、どの状態が原因として考えられるでしょうか?

是非とも原因と対処法をチェックして、「YouTube」の強制終了を防ぎましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ