ユニゾンリーグが強制終了で落ちる原因と対処法とは

スポンサードリンク

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

yunizon-league

ユニゾンリーグが強制終了で落ちることがたまにあるようです。

今回は、そんな不具合の原因とその対処法について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ユニゾンリーグが強制終了して落ちる原因

ユニゾンリーグが強制終了して落ちる場合は次のことを確認してみてください。

予測変換機能の履歴がたまっている

予測変換機能の履歴がたまっていることで不具合が起きている可能性があります。

予測変換機能は便利な機能ですが溜まり過ぎることで不具合が起きることがあります。

キャリアの基地局で不具合が起きている

キャリアの基地局で不具合が起きていることが原因の場合があります。

一度、お持ちのキャリアの公式サイトなどで情報を確認してみてください。

高速データ通信制限がかかっている

高速データ通信は通信速度が速いことでも知られています。

ですが、その通信制限には容量が存在します。

その通信速度に制限がかかっていることが原因で不具合が起きている可能性があります。

ダウンロードマネージャーのキャッシュが溜まっている

ダウンロードマネージャーのキャッシュが溜まっていることが原因で不具合が起きる事がたまにあります。

一度、端末内でチェックしてみてください。

ユニゾンリーグが強制終了して落ちる場合の対処法

予測変換機能の履歴がたまっている場合

予測変換機能の履歴がたまっている場合の対処法は、その履歴を削除してください。

削除するには、設定画面の中でリセットできます。

それにより不具合が解決される場合があります。

キャリアの基地局で不具合が起きている場合

キャリアの基地局で不具合が起きている場合の対処法は、Wi-Fi環境を使ってください。

Wi-Fi環境は、キャリアには関係しませんので、近くのWi-Fiスポットを探してみてください。

それにより不具合が解決することがあります。

高速データ通信制限がかかっている場合

高速データ通信に制限がかかっている場合の対処法は、リセットすることです。

翌月になるのを待つことでもリセットできますが、すぐにリセットするにはデータを追加してください。

それにより通信速度が戻り不具合が解決される場合があります。

ダウンロードマネージャーのキャッシュが溜まっている場合

ダウンロードマネージャーのキャッシュが溜まっている場合の対処法は、そのキャッシュを削除してください。

削除することで、端末の負荷が軽減され不具合が解決する場合があります。

まとめ

  • 予測変換機能の履歴がたまっている
  • キャリアの基地局で不具合が起きている
  • 高速データ通信制限がかかっている
  • ダウンロードマネージャーのキャッシュが溜まっている

ユニゾンリーグ が強制終了して落ちる原因と解決法について紹介しました。

これから、ユニゾンリーグ をプレイされる方もぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

注目記事

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

よくツイートされる記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ