スーパーロボット大戦DDが強制終了で落ちる原因と対処法とは

スーパーロボット大戦DDが強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、スーパーロボット大戦DDが強制終了で落ちる原因には次のようなことが考えられます。

・ウィジェットを設定している

・アプリのバージョンアップができていない

・Spotlight検索を設定している

・キーボードの予測変換学習が溜まっている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク



スーパーロボット大戦DDが強制終了で落ちる原因

スーパーロボット大戦DDが強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

ウィジェットを設定している

ウィジェットを設定していないか確認してください。

ウィジェットは天気予報や、ニュースなどが見られる非常に便利なシステムです。

しかし、そのことで端末に負荷がかかっているのかも知れません。

アプリのバージョンアップができていない

アプリのバージョンアップができているか確認してください。

アプリのバージョンアップができていないことで不具合が起きる場合があります。

一度、AppStoreに新しい情報がないかチェックしてください。

Spotlight検索を設定している

Spotlight検索を設定していないか確認してください。

Spotlight検索を設定していることで端末に負荷がかかる場合があります。

一度、設定画面でチェックしてみてください。

キーボードの予測変換学習が溜まっている

キーボードの予測変換学習が溜まっていないか確認してください。

キーボードの予測変換学習は文字を打つときすごく便利な機能です。

しかし、利用することで端末に負荷がかかる場合があります。

スーパーロボット大戦DDが強制終了で落ちる場合の対処法は

ウィジェットを設定している場合

ウィジェットを設定している場合は、そのウィジェットOFFにしてください。

OFFにするだけで、端末にかかる負荷が軽減されます。

それにより不具合が解決される場合があります。

アプリのバージョンアップができていない場合

アプリのバージョンアップができていない場合はアップデートしましょう。

アップデートするためには、AppStore横のボタンを押してください。

そうすることで不具合が解決する場合があります。

Spotlight検索を設定している場合

Spotlight検索を設定している場合は、設定を解除してください。

解除することで、端末にかかる負荷も軽減されます。

そうすることで不具合が解決される場合があります。

キーボードの予測変換学習が溜まっている場合

キーボードの予測変換学習が溜まっている場合は、一度リセットしましょう。

リセットすることで、スマホ端末にかかる負荷も軽減されます。

それにより不具合が解決される場合があります。

まとめ

・ウィジェットを設定している

・アプリのバージョンアップができていない

・Spotlight検索を設定している

・キーボードの予測変換学習が溜まっている

スーパーロボット大戦DDが強制終了で落ちる原因と対処法について紹介しました。

スーパーロボット大戦DDをこれからプレイされる方もぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました