アズールレーンが強制終了で落ちる原因と対処法とは | アプリ不具合まとめ

アズールレーンが強制終了で落ちる原因と対処法とは

スポンサードリンク


アズールレーンが強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、アズールレーンが強制終了で落ちる原因には次のようなことが考えられます。

  • SIMが接触不良を起こしている
  • アクセシビリティを設定し過ぎている
  • 高速データ通信ができていない
  • キーボードの予測変換学習が溜まっている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク



アズールレーンが強制終了で落ちる原因

アズールレーンが強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

SIMが接触不良を起こしている

SIMが接触不良を起こしていないか確認してください。

SIMとは、簡単に言えばスマホ端末の心臓部のことをいいます。

もしかしたら、そのSIMが接触不良を起こしているのかも知れません。

アクセシビリティを設定し過ぎている

アクセシビリティを設定し過ぎていないか確認してください。

アクセシビリティは、色々な設定ができるシステムです。

ですが、そのことで端末に負荷がかかる場合があります。

高速データ通信ができていない

高速データ通信ができているか確認してください。

端末には、LTEや4Gなど高速データ通信できる端末があります。

もしかしたら、その高速データ通信に制限がかかっているのかも知れません。

キーボードの予測変換学習が溜まっている

キーボードの予測変換学習が溜まっていないか確認してください。

予測変換学習は文字を打つのには非常に便利なシステムです。

ですが、使用することで端末に負荷がかかっているのかも知れません。

スポンサード リンク


アズールレーンが強制終了で落ちる場合の対処法は

SIMが接触不良を起こしている場合

SIMが接触不良を起こしている場合は自身ではどうすることもできません。

この場合は、お近くの携帯電話ショップに持込んでください。

そこで、修理をするか機種変更することをおすすめします。

アクセシビリティを設定し過ぎている場合

アクセシビリティを設定し過ぎている場合は設定をリセットしてください。

リセットすることで、購入した当時の状態に戻せます。

それにより、スマホ端末への負荷が軽減され不具合が解決する場合があります。

高速データ通信ができていない場合

高速データ通信ができていない場合は、高速データ通信を再開させましょう。

再開させるには、データの追加を行うことで出来ます。

それにより不具合が解決される場合があります。

キーボードの予測変換学習が溜まっている場合

キーボードの予測変換学習が溜まっている場合は、設定をリセットしましょう。

リセットすることで、端末にかかる負荷も軽減されます。

それにより不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • SIMが接触不良を起こしている
  • アクセシビリティを設定し過ぎている
  • 高速データ通信ができていない
  • キーボードの予測変換学習が溜まっている

アズールレーンが強制終了で落ちる原因と対処法について紹介しました。

アズールレーンをこれからプレイされる方もぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました