ぼくとドラゴンの容量足りない場合に発生する不具合と解決法 | アプリ不具合まとめ

ぼくとドラゴンの容量足りない場合に発生する不具合と解決法

スポンサードリンク

main_bg1

ぼくとドラゴンは、仲間とわいわい楽しむことの出来るリアルバトルゲームのことです。

そんなぼくとドラゴンのアプリをプレイするのに容量は足りないことでプレイできなかったりすることがあるようです。

どれだけの容量が必要なのか気になりますので、今回はそのあたりを紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク



ぼくとドラゴンのアプリの容量

そもそもぼくとドラゴンのアプリがデータが大きくてメモリ容量が足りないことでプレイできない場合があるようです。

では、どれだけの容量が必要なのでしょう。

iOS端末の場合

iOS端末の場合は、Appストアからインストールをするのですが、その容量はストアで確認することもできます。

ちなみにぼくとドラゴンのアプリの容量は、97.8MBです。これはなかなかのアプリのデータですね。

これだと、アップデータなどを行ったりするとすぐに容量が足りなくなりますね。

第5世代であれば、RAMの大きさが512MBなので、動作容量としては足りないかも知れませんね。

チートリアルをしている途中で落ちてしまう可能性がありますね。

なので第6世代でプレイすることをおススメします。

スポンサード リンク


Androidの場合

Andorid端末の場合は、ぼくとドラゴンのアプリの容量は、54MB、なんとiOSに比べて約半分のアプリの容量のようです。

どれだけの容量が必要かはAndroid端末の場合は少しわかりにくいですが、でもiOSと違い、ほとんどの端末で利用できそうです。

でも、キャッシュの削除はこまめに行うほうがいいかも知れませんね。

ぼくとドラゴンのアプリは本当に容量は足りなくなるのはすぐになるかと思います。

また、どれだけの頻度で動きが遅くなるのはプレイ次第です。

そう考えるとAndroid端末は古い端末や新端末は関係ないといえます。

もし、動きが遅いと感じるようになったら、機種変コードを発行した後に、再インストールしてみるのもいいですよ。

まとめ

  • iOSの場合は、第6世代以降でプレイをすることがおススメ
  • インストールする場合はRAMの確認をしてから行う
  • Android端末の場合は、古い新しいが関係ない
  • 動きが遅いと感じたら再インストールをしてみる。

今回は、ぼくとドラゴンのアプリの容量が足りないことが多いのでどれだけのスペックが必要なのかを紹介しました。

これからぼくとドラゴンをプレイしようと考えられている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ぼくとドラゴン不具合まとめスマホゲーム不具合まとめ
スポンサードリンク
友達に知らせる
アプリ不具合まとめ
タイトルとURLをコピーしました