コード・オブ・ジョーカーPocket(COJ)がラグる・遅くなる・重くなる原因と対処法とは | アプリ不具合まとめ

コード・オブ・ジョーカーPocket(COJ)がラグる・遅くなる・重くなる原因と対処法とは

スポンサードリンク


コード・オブ・ジョーカーPocket(COJ)が遅くなる・重くなるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、コード・オブ・ジョーカーPocket(COJ)が遅くなる・重くなる原因には次のようなことが考えられます。

  • 端末にアプリをダウンロードし過ぎている
  • 通信速度に制限がかかっている
  • バックグラウンド内にアプリが起動している
  • アクセシビリティを設定し過ぎている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク



コード・オブ・ジョーカーPocket(COJ)が遅くなる・重くなる原因

コード・オブ・ジョーカーPocket(COJ)が遅くなる・重くなる場合は次のことを確認してみてください。

端末にアプリをダウンロードし過ぎている

自身の端末にアプリをダウンロードし過ぎていないか確認してください。

そのことで、端末内のメモリが不足している可能性があります。

一度、端末の設定画面でチェックしてみてください。

通信速度に制限がかかっている

通信速度に制限がかかっていないか確認してください。

通常は4GやLTEといった高速データ通信の回線になっています。

もしかしたら一定容量を超えたことで通信速度が落ちているのかも知れません。

バックグラウンド内にアプリが起動している

バックグラウンド内にアプリが起動していないか確認してください。

アプリは終了したと思っても終了しておらず、バックグラウンド内で起動していることが多いようです。

もしかしたら、そのことで不具合が起きている可能性があります。

アクセシビリティを設定し過ぎている

アクセシビリティを設定し過ぎていないか確認してください。

アクセシビリティは、いろいろな機能を設定できるものになっています。

ただ、機能を設定し過ぎていることで端末に負荷がかかっている可能性があります。

スポンサード リンク


コード・オブ・ジョーカーPocket(COJ)が遅くなる・重くなる場合の対処法は

端末にアプリをダウンロードし過ぎている場合

端末にアプリをダウンロードし過ぎている場合は、不要なアプリを消してください。

1ヶ月以上使っていないアプリは、すぐに消してみてください。

それにより、メモリ不足が解消され不具合が解決する場合があります。

通信速度に制限がかかっている場合

通信速度に制限がかかっている場合は、通信制限をリセットしてください。

リセットするには、専用アプリなどでデータの追加をして下さい。

それにより、通信速度が戻り不具合が解決される場合があります。

バックグラウンド内にアプリが起動している場合

バックグラウンド内にアプリが起動している場合は全てのアプリを強制終了してください。

強制終了するには、マルチタスクを起動させアプリを上にスワイプすればできます。

それにより、不具合が解決される場合があります。

アクセシビリティを設定し過ぎている場合

アクセシビリティを設定し過ぎている場合は、一度リセットしてください。

リセットすることで、購入当時の状態に戻ります。

それにより不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • 端末にアプリをダウンロードし過ぎている
  • 通信速度に制限がかかっている
  • バックグラウンド内にアプリが起動している
  • アクセシビリティを設定し過ぎている

コード・オブ・ジョーカーPocket(COJ)が遅くなる・重くなる原因と対処法について紹介しました。

コード・オブ・ジョーカーPocket(COJ)を使われる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました