クラッシュフィーバー(クラフィ)の起動が遅い原因と対処法とは | アプリ不具合まとめ

クラッシュフィーバー(クラフィ)の起動が遅い原因と対処法とは

スポンサードリンク

e1ed58b02d20498bf4174c1bf8213b2e1

クラッシュフィーバーをプレイしていてアプリの起動が遅いと感じる場合があるようです。

たまに起こる不具合ということなのでまとめてみました。

何が原因で起きるのかをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク



クラッシュフィーバー 起動遅い理由

起動の遅い理由には次のようなことが考えられます。

スマホの処理速度が遅くなっている

これはもたれているスマホ端末にもよりますが、スマホにはデータ容量といわれるものがあります。

このデータ容量は、アプリや動画、ファイルなどといったさまざまなコンテンツを保存することができます。

そしてコンテンツをダウンロードしてスマホ端末に保存することで、起動をさせて楽しむことができます。

ですが、ダウンロードをしてくごとにこのデータ容量には制限があります。

購入されたデータの容量が少ないと、アプリや動画などもそれに見合った分しかダウンロードしかできません。

そして、そのデータ容量が増えていくことでも、パソコンと同じように処理速度が遅くなっていくことがあります。

このことが原因でクラッシュフィーバーを起動させた際に遅く感じるという不具合が起こる場合があります。

スポンサード リンク



この場合の不具合の対処法としては、使用メモリや保存メモリを増やすことで解消されます。

対処法としては、まずはマルチタスク画面を起動させて、クラッシュフィーバー以外のアプリを終了させてください。

それにより使用メモリを増やすことはできます。次に、もう使用することのないアプリや、ダウンロードしたけど使わないものを探してください。

そしてそのようなアプリやコンテンツがあるのであれば、端末から削除をしましょう。

削除することで、保存メモリの容量が増えます。

この2つの対処法を行うことで一気にスマホ端末のメモリを増やすことができます。

するとスマホ端末の処理速度が速くなり、アプリの起動が遅いと感じる不具合は解消されていると思います。

まとめ

  • スマホ端末の処理速度が遅くなっていることで、起動が遅いと感じる場合がある。
  • メモリ不足を解消することで、起動が遅いと感じる不具合が解消される場合がある。

クラッシュフィーバーのアプリの起動が遅い不具合の原因とその対処法について紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

クラッシュフィーバー不具合まとめスマホゲーム不具合まとめ
スポンサードリンク
友達に知らせる
アプリ不具合まとめ
タイトルとURLをコピーしました