ドラゴンプロジェクト(ドラプロ)が強制終了で落ちる原因と対処法とは | アプリ不具合まとめ

ドラゴンプロジェクト(ドラプロ)が強制終了で落ちる原因と対処法とは

スポンサードリンク

ドラゴンプロジェクト(ドラプロ)が強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク



ドラゴンプロジェクト(ドラプロ)が強制終了で落ちる原因

ドラゴンプロジェクト(ドラプロ)が強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

予測変換学習機能がONになっている

予測変換学習機能がONになっていることが原因で強制終了で落ちる場合があります。

すごく便利な機能ですが、その設定をONにしていることで負荷がかかることがあります。

それにより不具合が起きている可能性があります。

位置情報サービスを設定している

位置情報サービスを設定していることが原因で強制終了で落ちる場合があります。

マップアプリを使う場合には、すごく役立つシステムです。

でも、それが端末に負荷がかかり不具合が起きている可能性があります。

アクセシビリティを設定し過ぎている

アクセシビリティを設定し過ぎていることが原因で強制終了で落ちる場合があります。

アクセシビリティは端末を自分自身が使いやすいように設定するシステムです。

そのシステムを設定し過ぎていることが原因で不具合が起きている可能性があります。

アプリが自身の端末に対応していない

アプリが自身の端末に対応していないことが原因で強制終了で落ちる場合があります。

いわゆる動作推奨端末でない可能性があります。

一度、公式サイトなどで対応しているか確認してみて下さい。

スポンサード リンク


ドラゴンプロジェクト(ドラプロ)が強制終了で落ちる場合の対処法は

予測変換学習機能がONになっている場合

予測変換学習機能がONになっている場合の対処法は設定をOFFにしてみて下さい。

それにより、端末への負荷が少しでも軽減されます。

そうすることで、不具合が解決される場合があります。

位置情報サービスを設定している場合

位置情報サービスを設定している場合の対処法は設定を解除して下さい。

設定を解除すると、マップアプリなどは不便になりますが、端末の動きがよくなる場合があります。

それにより不具合が解決される場合があります。

アクセシビリティを設定し過ぎている場合

アクセシビリティを設定し過ぎている場合の対処法はリセットしてみてください。

リセットすると購入時の状態に戻せます。

それにより端末への負荷も軽減され、不具合が解決される場合があります。

アプリが自身の端末に対応していない場合

アプリが自身の端末に対応していない場合の対処法はどうすることもできません。

この場合は、運営側に事情を説明してみましょう。

もしかしたら、同じような方がこと起きている方がいれば次のメンテナンスで解決されるかも知れません。

まとめ

  • 予測変換学習機能がONになっている
  • 位置情報サービスを設定している
  • アクセシビリティを設定し過ぎている
  • アプリが自身の端末に対応していない

ドラゴンプロジェクト(ドラプロ)が強制終了で落ちる原因と対処法とはについて紹介しました。

ドラゴンプロジェクト(ドラプロ)をこれからプレイされる方もぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました