シンエンレジストが強制終了で落ちる原因と対処法とは


シンエンレジストが強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、シンエンレジストが強制終了で落ちる原因には次のようなことが考えられます。

  • Spotlight検索をONに設定している
  • アクセシビリティを設定し過ぎている
  • アプリをアップデートしていない
  • キーボードの予測変換学習が溜まっている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク



シンエンレジストが強制終了で落ちる原因

シンエンレジストが強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

Spotlight検索をONに設定している

Spotlight検索をONに設定していないか確認してください。

ONに設定していることで端末に負荷がかかっているのかもしれません。

一度、設定状況をチェックしてみてください。

アクセシビリティを設定し過ぎている

アクセシビリティを設定し過ぎていないか確認してください。

拡大鏡や、ズームなどが使えるので非常に便利な機能です。

ですが、それにより端末に負荷がかかっているのかも知れません。

アプリをアップデートしていない

アプリをアップデートしているか確認してください。

もしかしたら、アプリをアップデートできていないのかもしれません。

一度、AppStoreに情報がないかチェックしてみてください。

キーボードの予測変換学習が溜まっている

キーボードの予測変換学習が溜まっていないか確認してください。

予測変換学習は文字を打つとき予測してくれるのですごく便利な機能です。

ですが、そのことで端末に負荷がかかっているのかも知れません。

スポンサードリンク


シンエンレジストが強制終了で落ちる場合の対処法は

Spotlight検索をONに設定している場合

Spotlight検索をONに設定している場合は、設定をOFFにして下さい。

設定をOFFにすることで、端末への負荷も軽減されます。

それにより不具合が解決される場合があります。

アクセシビリティを設定し過ぎている場合

アクセシビリティを設定し過ぎている場合は、設定をリセットしてください。

リセットすることで、端末にかかる負荷も軽減されます。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

アプリをアップデートしていない場合

アプリをアップデートしていない場合は、アプリをアップデートしましょう。

AppStoreのアプリ横にあるアップデートボタンを押してください。

そうすることで、アプリが更新され不具合が解決する場合があります。

キーボードの予測変換学習が溜まっている場合

キーボードの予測変換学習が溜まっている場合は、リセットしてみてください。

リセットすることで、端末への負荷も軽減されます。

それにより不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • Spotlight検索をONに設定している
  • アクセシビリティを設定し過ぎている
  • アプリをアップデートしていない
  • キーボードの予測変換学習が溜まっている

シンエンレジストが強制終了で落ちる原因と対処法について紹介しました。

シンエンレジストをプレイする方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました