シャドウストーンが強制終了で落ちる原因と対処法とは


シャドウストーンが強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、シャドウストーンが強制終了で落ちる原因には次のようなことが考えられます。

  • Safari履歴が溜まり過ぎている
  • デバイス端末が熱を持っている
  • デバイス端末が動作推奨端末ではない
  • 他のアプリを多く起動している

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク



シャドウストーンが強制終了で落ちる原因

シャドウストーンが強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

Safari履歴が溜まり過ぎている

Safari履歴が溜まり過ぎていないか確認してください。

履歴が溜まり過ぎていることで端末の処理能力が落ちているのかも知れません。

一度、履歴の状態をチェックしてみてください。

デバイス端末が熱を持っている

デバイス端末が熱を持っていないか確認してください。

もしかしたら、熱を持っていることで端末の処理能力が落ちているのかも知れません。

自身のデバイス端末を触ってみてください。

デバイス端末が動作推奨端末ではない

デバイス端末が動作推奨端末になっているか確認してください。

もしかしたら、動作推奨端末ではないことで不具合が起きているのかも知れません。

公式サイトやAppStoreなどでチェックしてみてください。

他のアプリを多く起動している

他のアプリを多く起動していないか確認してください。

他のアプリを多く起動していることで端末の処理が追いついていないのかも知れません。

一度、マルチタスクを起動させてチェックしてみてください。

スポンサードリンク


シャドウストーンが強制終了で落ちる場合の対処法は

Safari履歴が溜まり過ぎている場合

Safari履歴が溜まり過ぎている場合は、履歴を削除してください。

履歴を削除することで、端末の処理能力が早くなります。

それにより不具合が解決される場合があります。

デバイス端末が熱を持っている場合

デバイス端末が熱を持っている場合は、デバイス端末を冷やしてください。

冷やすためには、電源を切って少し時間をあけましょう。

そして電源を入れなおしすると不具合が解決される場合があります。

デバイス端末が動作推奨端末ではない場合

デバイス端末が動作推奨端末ではない場合はOSをバージョンアップしてください。

バージョンアップするには、ソフトウェアアップデートからバージョンアップできます。

それにより不具合が解決される場合があります。

他のアプリを多く起動している場合

他のアプリを多く起動している場合は、アプリを全て終了してください。

終了するにはマルチタスクを起動させて、アプリを上にスワイプするだけです。

それにより不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • Safari履歴が溜まり過ぎている
  • デバイス端末が熱を持っている
  • デバイス端末が動作推奨端末ではない
  • 他のアプリを多く起動している

シャドウストーンが強制終了で落ちる原因と対処法について紹介しました。

シャドウストーンをこれからプレイされる方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました