消滅都市が強制終了して落ちる原因と解決法 | アプリ不具合まとめ

消滅都市が強制終了して落ちる原因と解決法

スポンサードリンク

logo

消滅都市は、現代の日本を舞台にしたアクションドラマRPGゲームです。

そんな消滅都市のアプリで強制終了したり落ちるという不具合がたまに起こるようです。

今回は、そんな不具合の原因とその対処法について紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク



強制終了したり落ちる不具合の原因

強制終了したり落ちる不具合の原因は次ぎのようなことが考えられます。

  • スマホ端末のメモリ不足
  • CPUが熱を持ちすぎている
  • キャリアの電波障害
  • 端末のスペックが低い

などが原因と考えられます。

スマホ端末のメモリ不足

スマホ端末のメモリ不足により、強制終了したり落ちるという不具合がたまに起こることがあります。

これはスマホ端末のメモリの空き容量が不足していることが原因です。

対処法としては、スマホ端末内のバックグラウンドで起動しているアプリを終了させる。

もしくは、不要なアプリを削除することで、空き容量が増え不具合が解決されることがあります。

CPUが熱を持ちすぎている

スマホ端末を長時間利用しすぎていることにより、CPUが熱を持ちすぎていないかチェックしましょう。

長時間のスマホの利用をすることで、端末の処理能力が低下することで起こる場合があります。

この場合の対処法としては、スマホの電源を切り、少し時間をあけもう一度電源を入れなおしてみて下さい。

そうすることで、不具合は解決されることがあります。

スポンサード リンク


キャリアの電波障害

キャリア(携帯会社)の電波障害により不具合が起こることがあります。

これは、電波障害を起こしたことにより、スマホ端末が通信接続できなくなることが原因です。

対処法としては、ユーザーが何もすることがありません。というかできません。

キャリアが電波障害を復旧するまで待つしかありません。

端末のスペックが低い

お持ちのスマホ端末のスペックが低いことで不具合が起こることがあります。

消滅都市のアプリデータはもともと大きいのでWi-Fi環境を使って利用を推奨されるほどです。

そのため、処理能力の高いスマホ端末であれば問題ありませんが、スペックの低い端末は処理能力が低いので落ちることがあります。

対処法としては、端末のオールリセットをすることで解決することがあります。

まとめ

  • スマホ端末のメモリ不足により、強制終了したり落ちるということがある。
  • CPUが熱を持ちすぎていることで強制終了したり落ちることがある。
  • キャリアの電波障害により、強制終了したり落ちることがある。
  • 端末のスペックが低い場合は機種変更をするのがオススメ。

消滅都市のアプリで強制終了したり落ちるという不具合の原因とその対処法について紹介しました。

これから消滅都市をプレイしようとお考えの方もぜひ参考にしてみて下さい。

スマホゲーム不具合まとめ消滅都市不具合まとめ
スポンサードリンク
友達に知らせる
アプリ不具合まとめ
タイトルとURLをコピーしました