iPhone/iOSをアップデート・復元する際のエラーコード一覧まとめ

iPhone/iOSをアップデート・復元する際にエラーコードが出て不具合が起こる場合があります。

なお、エラーコードには次のようなコードがあります。

・エラーコード1671

・エラーコード4037

・エラーコード2、4、6、または1611

・エラーコード4005、4013、または4014

今回はそんなiPhone/iOSのエラーコードについて紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


iPhone/iOSをアップデート・復元する際のエラーコード一覧

iPhone/iOSをアップデート・復元する際のエラーコード一覧は次のようになっています。

エラーコード1671

エラーコード1671というエラーコードが出る場合があります。

これは、iTunesが必要なソフトウェアをダウンロードしているときに出るエラーコードです。

一度、ソフトウェアがダウンロード中になっていないか確認してください。

エラーコード4037

エラーコード4037というエラーが出る場合があります。

このエラーコードは、デバイスのパスコードロックが解除されていないときに出るエラーコードです。

一度、パスコードロックしていないかチェックしてみてください。

エラーコード2、4、6、または1611

エラーコード2、4、6、または1611というエラーが出る場合があります。

これらのエラーコードは、セキュリティソフトやUSB接続に問題があるときに出るエラーコードです。

一度、USB接続などをチェックしてみてください。

エラーコード4005、4013、または4014

エラーコード4005、4013、または4014というエラーが出る場合があります。

これらのエラーコードはUSBケーブルやUSBポートに問題があると出るエラーコードです。

一度、接続状態をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

iPhone/iOSをアップデート・復元する際のエラーコードが出た場合の対処法は

エラーコード1671が出る場合

エラーコード1671が出る場合は、少し時間を空けて下さい。

少し時間を空けた後にもう一度試してみてください。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

エラーコード4037が出る場合

エラーコード4037が出る場合は、デバイスのパスコードロックを解除しましょう。

パスコードロックを解除したら、もう一度やり直してみてください。

そうすることで不具合が解決する場合があります。

エラーコード2、4、6、または1611が出る場合

エラーコード2、4、6、または1611が出る場合は、セキュリティソフトやUSB接続を正常にしてください。

正常にすることで、エラーコードが出なくなる場合があります。

それでも解決しない場合は、Appleサポートに問い合わせしてみてください。

エラーコード4005、4013、または4014が出る場合

エラーコード4005、4013、または4014が出る場合はUSB関連を見直してください。

USBケーブルをApple製のUSBケーブルにしたり、USBポートを切り替えてみてください。

そうすることで不具合が解決する場合があります。

まとめ

・エラーコード1671

・エラーコード4037

・エラーコード2、4、6、または1611

・エラーコード4005、4013、または4014

iPhone/iOSをアップデート・復元する際のエラーコード一覧について紹介しました。

iPhone/iOSを利用する方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

コメント