iPhone/iOSを最新版にアップデートした際に遅くなる原因と対処法

iPhone/iOSを最新版にアップデートした際に遅くなるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、iPhone/iOSを最新版にアップデートした際に遅くなる原因には次のようなことが考えられます。

・バッテリーが劣化している

・キャッシュが溜まってる

・高速データ通信ができていない

・メモリ(RAM)の容量が少なくなっている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


iPhone/iOSを最新版にアップデートした際に遅くなる原因

iPhone/iOSを最新版にアップデートした際に遅くなる場合は次のことを確認してみてください。

バッテリーが劣化している

バッテリーが劣化していないか確認してください。

古い端末の場合、アップデート後にiPhone/iOSを強制終了させないために性能を下げられる場合があります。

もしかしたら、そのことで不具合が起きているのかも知れません。

キャッシュが溜まってる

キャッシュが溜まっていないか確認してください。

キャッシュは溜まりすぎると不具合を起こす原因になる場合があります。

一度、様々なキャッシュをチェックしてみてください。

高速データ通信ができていない

高速データ通信ができているか確認してください。

もしかしたら、高速データ通信ができていないことで不具合が起きているのかも知れません。

一度、専用アプリなどでチェックしてみてください。

メモリ(RAM)の容量が少なくなっている

メモリ(RAM)の容量が少なくなっていないか確認してください。

端末内に十分な空き容量がないのかも知れません。

一度、端末内のストレージの使用状況をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

iPhone/iOSを最新版にアップデートした際に遅くなる場合の対処法は

バッテリーが劣化している場合

バッテリーが劣化している場合は、どうしようもありません。

この場合は、近くのキャリアショップに端末を持ち込みましょう。

そして、修理もしくは初期化により不具合が解決する場合があります。

キャッシュが溜まってる場合

キャッシュが溜まっている場合は、キャッシュを削除してください。

削除することで、不具合が解決される場合があります。

それでも解決しない場合は、端末を再起動することで解決する場合があります。

高速データ通信ができていない場合

高速データ通信ができていない場合は、データの追加を行なってください。

データの追加は、専用アプリなどで簡単にできます。

そうすることで、不具合が解決する場合があります。

メモリ(RAM)の容量が少なくなっている場合

メモリ(RAM)の容量が少なくなっている場合は、空き容量を増やしてください。

空き容量を増やすためには、不要なアプリなどを削除してください。

そうすることで、不具合が解決される場合があります。

まとめ

・バッテリーが劣化している

・キャッシュが溜まってる

・高速データ通信ができていない

・メモリ(RAM)の容量が少なくなっている

iPhone/iOSを最新版にアップデートした際に遅くなる原因と対処法について紹介しました。

iPhone/iOSを利用する方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

コメント