WhatsAppが強制終了で落ちる原因と対処法とは

スポンサードリンク

 0 
 0 

This post is also available in: enEnglish (英語)


WhatsAppが強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、WhatsAppが強制終了で落ちる原因には次のようなことが考えられます。

  • バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている
  • 位置情報サービスを設定している
  • アプリの新しいバージョンがでている
  • スマホ端末のOSをバージョンアップしていない

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


WhatsAppが強制終了で落ちる原因

WhatsAppが強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている

バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎていないか確認してください。

もしかしたれら。アプリが起動し過ぎていることで端末に負荷がかかっているのかもしれません。

一度、マルチタスクを起動させてチェックしてみてください。

位置情報サービスを設定している

位置情報サービスを設定していないか確認してください。

もしかしたら、位置情報サービスを設定していることで端末に負荷がかかっているのかもしれません。

一度、設定画面をチェックしてみてください。

アプリの新しいバージョンがでている

アプリの新しいバージョンがでていないか確認してください。

もしかしたら、アプリを新しくバージョンアップしていないことで不具合が起きているのかもしれません。

一度、AppStoreをチェックしてみてください。

スマホ端末のOSをバージョンアップしていない

スマホ端末のOSをバージョンアップしているか確認してください。

もしかしたら、OSをバージョンアップしていないことで不具合が起きているのかもしれません。

一度、端末のバージョンをチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ記事

WhatsAppが強制終了で落ちる場合の対処法は

バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている場合

バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている場合は、アプリをすべて修了しましょう。

終了させるためには、ホームボタンを2回押して上にスワイプしましょう。

そうすることで、不具合が解決される場合があります。

位置情報サービスを設定している場合

位置情報サービスを設定している場合が、設定を解除してみてください。

解除することで、端末にかかる負荷も軽減されます。

そうすることで、不具合が解決される場合があります。

アプリの新しいバージョンがでている場合

アプリの新しいバージョンがでている場合は、アップデートしましょう。

アップデートするためには、AppStoreの横のボタンを押せばアップデートできます。

そうすることで、不具合が解決される場合があります。

スマホ端末のOSをバージョンアップしていない場合

スマホ端末のOSをバージョンアップしていない場合は、バージョンアップしてください。

バージョンアップするためには、ソフトウェアアップデートからダウンロードできます。

それにより不具合が解決される場合があります。

まとめ

  • バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている
  • 位置情報サービスを設定している
  • アプリの新しいバージョンがでている
  • スマホ端末のOSをバージョンアップしていない

WhatsAppが強制終了で落ちる原因と対処法とはについて紹介しました。

WhatsAppを使われる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ