クラッシュフィーバー(クラフィ)をアップデートした後に開けない原因と対処法とは | アプリ不具合まとめ

クラッシュフィーバー(クラフィ)をアップデートした後に開けない原因と対処法とは

スポンサードリンク

e1ed58b02d20498bf4174c1bf8213b2e1

クラッシュフィーバーをップデートしたあとに開けないという不具合がたまに起こるようです。

何が原因で、このような不具合が起こるのでしょう。

今回は、そのアップデートした後に開けない不具合について紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク



クラッシュフィーバーでアップデートした後に開けない理由

アップデートをしたあとに開けない原因は次のことが考えられます。

アップデートが正常に完了していない

アップデートをしたけども正常に完了していないことで不具合がたまに起こる場合があるようです。

これは、スマホ端末のメモリ不足による場合などに起こります。

通常は新しい更新データなどはダウンロードした後にはスマホ端末に保存されることでアプリを正常に動かすことができます。

ですが、メモリが不足していたことにより、アップデートできたと思っていたらできていなかったという場合があります。

このような多くには自動アップデート設定を行っている場合によく起こります。

なので、このような不具合が起こった場合は、1度自動アップデート設定を解除してみてください。

各OS端末によって設定は違うようなので説明します。

スポンサード リンク


iPhoneでアプリを手動アップデートに設定する

iPhoneの設定画面でアプリの自動アップデートを無効にすることで手動に設定できます。

設定の仕方はホーム画面から「設定」をタップします。

「iTunes & App Store」を選択します。

「自動ダウンロード」へ行きその中の「アップデート」を選択にオフにしてください。

これで設定は完了です。

Androidのアプリを手動アップデートに設定する。

自動でのアップデートを解除するには、まず「Play ストア」を開いてください。

その後に画面の左上のメニューを押します。

そしてその中の設定を選択します。

設定の中にある、アプリの自動更新を選択します。

その中に『アプリを自動更新しない』という選択ボタンがあるのでタップして完了です。

まとめ

  • アップデートが正常のダウンロードできていないことでアプリがひらかない場合がある
  • 手動アップデート設定にすることで、不具合が解消される場合がある。

クラッシュフィーバーでアップデートしたら開けない不具合とその対処法について紹介しました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

クラッシュフィーバー不具合まとめスマホゲーム不具合まとめ
スポンサードリンク
友達に知らせる
アプリ不具合まとめ
タイトルとURLをコピーしました