エレメンタルストーリーのOS別アカウント引き継ぎ方法まとめ | アプリ不具合まとめ

エレメンタルストーリーのOS別アカウント引き継ぎ方法まとめ

スポンサードリンク

ereme002

エレメンタルストーリーのゲームプレイデータやアカウントを引き継ぎたい場合の方法について。

こちらでOS別の方法を注意点とともにまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク



iPhoneからiPhoneへアカウントを引き継ぎたい場合

現在iPhoneを使用していて、新しいiPhoneやiPadへ機種変更する場合は、『iCloud』を利用しましょう。

いちいち引き継ぎコードを発行する必要がない上、プレイデータをリアルタイムで保存してくれます。

引き継ぎをする予定がなくても、お気に入りモンスターを失いたくない人はバックアップとしても活用してください。

『iCloud』の設定はゲーム画面ではなく、端末設定で行います。

  • 設定画面から『iCloud』を選び、タップしてサインイン
  • 『書類とデータ』をON(有効化)してタップ
  • 詳細画面で『エレスト』をON(有効化)する
  • 有効化した状態でエレメンタルストーリーを起動する

設定を変えた後にゲームを起動するだけで、プレイデータが保存されていくようになります。

この『iCloud』アカウントでエレメンタルストーリーのアカウントやプレイデータも管理しているので、必ず機種変更の前に設定を変更するようにしてください。

設定を変えないまま機種変更をすると、『iCloud』で保存したデータを利用できなくなってしまいます。

機種変更後は、新しい端末でも同じように『iCloud』へサインイン。

サインインしてからエレメンタルストーリーをインストールすれば、自動的に以前のデータやアカウントが引き継がれます。

AndroidからAndroidへアカウント引き継ぎする場合

Android端末から別のAndroid端末へ引き継ぎを行う際も、基本的に引き継ぎコードの発行は不要です。

こちらも設定を変更しバックアップを保存しておく方法ですが、本体設定を変更するiPhoneと異なり、ゲーム画面上で設定を行います。

まずは事前準備を引き継ぎ前の端末で行いましょう。

  • エレメンタルストーリーを起動し、タイトル画面へ
  • タイトル画面の右下にある『オプション』をタップ
  • 『Googleアカウントでログイン』を選択し、『権限のリクエスト』へ
  • 表示されているGoogleアカウントを確認して『許可』をタップ

これでゲームのプレイデータが保存されます。

新しい端末へエレメンタルストーリーをインストールした後は、同じタイトル画面から飛べるオプションメニューで『Googleアカウントからゲームデータ引き継ぎ』を選択します。

引き継ぎ前の端末で選択したものと同じGoogleアカウントかどうかを確認し、『アクセスの許可』を選択すると操作完了。

保存しておいたプレイデータが引き継がれているのを確認してください。

システム上、1つのアカウントを使って複数の端末で遊ぶことができますが、データ破損の原因になりやすいです。

引き継ぎ後はなるべく特定の端末だけで遊ぶようにしましょう。

引き継ぎコードでの引き継ぎ方法

同じOSが搭載された端末同士であれば引き継ぎコードの発行は不要ですが、既に発行してしまった場合や『iCloud』『Googleアカウント』での引き継ぎが不安だという場合。

ゲーム画面上で発行した引き継ぎコードで引き継ぐことも可能です。

OSが異なる端末間でデータを引き継ぎたい時も、引き継ぎコード発行でプレイデータのお引越しをしましょう。

  • 引き継ぎ前の端末でエレメンタルストーリーを起動する
  • タイトル画面右下のアイコンからオプションメニューへ
  • 『データ引継ぎ』ページに進み、『引き継ぎID発行』を選択
  • 『あなたのID』と『引き継ぎID』を発行、メモしておく
  • 新しい端末側にエレメンタルストーリーをインストール
  • ゲームを起動してオプションメニューから『データ引き継ぎ』へ
  • 『データを引き継ぐ』へ進み、発行済みの2つのIDを入力

データ引継ぎのIDは、発行から6ヶ月程度で無効化されます。そのため引き継ぎ直前に発行するのがおすすめ。

引き継ぎコードを使用した場合はそれまで『iCloud』や『Googleアカウント』で保存していたデータは消えてしまうため、操作は慎重に行ってください。

エレメンタルストーリーのアカウント引き継ぎ方法まとめ

独特のゲームデータ管理方法となっているため、注意してください。

最大の特徴は同じOS同士の端末であれば、設定を変更するだけで引き継ぎコードの発行が不要になること。

  • iPhoneは『iCloud』で、Androidは『Googleアカウント』で管理
  • 『iCloud』は端末本体の設定から『エレスト』を有効化するだけ
  • 『Googleアカウント』はゲーム画面を通してGoogleへログインするだけ

異なる端末で引き継ぐ場合のみ、2種のID(引き継ぎコード)が必要です。

『iCloud』と『Googleアカウント』はバックアップとしても利用できるので、引き継ぎ予定がなくても早めに設定しておくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました