ハンドレッドソウルがラグる・遅くなる・重くなる原因と対処法とは

ハンドレッドソウルがラグる・遅くなる・重くなるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、ハンドレッドソウルがラグる・遅くなる・重くなる原因には次のようなことが考えられます。

・視差効果を設定している

・通信速度に制限がかかっている

・アクセシビリティを多く設定している

・バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク



ハンドレッドソウルがラグる・遅くなる・重くなる原因

ハンドレッドソウルがラグる・遅くなる・重くなる場合は次のことを確認してみてください。

視差効果を設定している

視差効果を設定していないか確認してください。

視差効果は、iPhoneの傾き加減によってアイコンなどを微妙に動かしてくれる機能です。

もしかしたら、このことで端末に負荷がかかっているのかも知れません。

通信速度に制限がかかっている

通信速度に制限がかかっていないか確認してください。

もしかしたら、端末の通信速度のギガ数を超えているのかもしれません。

一度、データ残量が残っているか確認してください。

アクセシビリティを多く設定している

アクセシビリティを多く設定していないか確認してください。

拡大鏡やズーム機能など便利な機能を設定できるシステムです。

その設定により端末の処理速度に不具合が起きているのかもしれません。

バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている

バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎていないか確認してください。

アプリを起動させ終了させたと思っても終了で来ていないことがあります。

一度、バックグラウンド内を確認してみて下さい。

ハンドレッドソウルがラグる・遅くなる・重くなる場合の対処法は

視差効果を設定している場合

視差効果を設定している場合は、設定を解除しましょう。

解除することで、端末にかかる負荷も軽減されます。

それにより不具合が解決する場合があります。

通信速度に制限がかかっている場合

通信速度に制限がかかっている場合は、制限を解除してください。

解除するためには、データを追加してください。

それにより不具合が解決される場合があります。

アクセシビリティを多く設定している場合

アクセシビリティを設定している場合はリセットしましょう。

リセットすることにより、端末の動きが軽くなります。

それにより不具合が解決される場合があります。

バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている場合

バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている場合は、全てのアプリを終了してください。

終了させるためには、マルチタスクボタンを2回押し、上にスワイプすることで出来ます。

それにより不具合が解決される場合があります。

まとめ

・視差効果を設定している

・通信速度に制限がかかっている

・アクセシビリティを多く設定している

・バックグラウンド内にアプリが起動し過ぎている

ハンドレッドソウルがラグる・遅くなる・重くなる原因と対処法について紹介しました。

ハンドレッドソウルをこれからプレイされる方もぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました