非人類学園が強制終了で落ちる原因と対処法とは


非人類学園が強制終了で落ちるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、非人類学園が強制終了で落ちる原因には次のようなことが考えられます。

  • アクセシビリティを多く設定している
  • 端末のストレージが不足している
  • ウィジェットを設定している
  • 位置情報サービスをONにしている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


非人類学園が強制終了で落ちる原因

非人類学園が強制終了で落ちる場合は次のことを確認してみてください。

アクセシビリティを多く設定している

アクセシビリティを多く設定していないか確認してください。

アクセシビリティは自分が使いやすいようにするシステムのことです。

そのシステムを多く設定していることで不具合が起きている可能性があります。

端末のストレージが不足している

端末のストレージが不足していないか確認してください。

もしかしたら、ストレージが不足していることで不具合が起きている可能性があります。

一度、設定画面で確認してみてください。

ウィジェットを設定している

ウィジェットを設定していないか確認してください。

ウィジェットは天気予報や、ニュースなどをショートカットできる便利なシステムです。

もしかしたら、そのことで端末に負荷がかかっているのかも知れません。

位置情報サービスをONにしている

位置情報サービスをONにていないか確認してください。

もしかしたらONにしていることで、端末の処理速度が落ちているのかも知れません。

一度、設定画面を確認してみてください。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

非人類学園が強制終了で落ちる場合の対処法は

アクセシビリティを多く設定している場合

アクセシビリティを多く設定している場合は設定をリセットしてください。

リセットすることで購入時の状態に戻せます。

それにより不具合が解決される場合があります。

端末のストレージが不足している場合

端末のストレージが不足している場合は、ストレージ不足を解消しましょう。

解消するには、画像や動画などを削除するだけでも解消します。

そうすることで、ストレージ不足がなくなり不具合が解決する場合があります。

ウィジェットを設定している場合

ウィジェットを設定している場合は、そのウィジェットOFFにしてください。

OFFにするだけで、端末への負荷が軽減されます。

それにより不具合が解決される場合があります。

位置情報サービスをONにしている場合

位置情報サービスを設定している場合は、設定をOFFにして下さい。

OFFにすることで、端末もサクサク動くようになります。

それにより不具合が解決する場合があります。

まとめ

  • アクセシビリティを多く設定している
  • 端末のストレージが不足している
  • ウィジェットを設定している
  • 位置情報サービスをONにしている

非人類学園が強制終了で落ちる原因と対処法について紹介しました。

非人類学園をこれからプレイされる方もぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました