非人類学園がラグる・遅くなる・重くなる原因と対処法とは


非人類学園がラグる・遅くなる・重くなるといった不具合が起こることがあるようです。

なお、非人類学園がラグる・遅くなる・重くなる原因には次のようなことが考えられます。

  • 診断と使用状況のデータが溜まり過ぎている
  • CPUに負荷がかかり過ぎている
  • 持っている端末のOSが古い
  • 通信速度に制限がかかっている

今回はそんな不具合の原因と対処法について紹介します。

スポンサードリンク



非人類学園がラグる・遅くなる・重くなる原因

非人類学園がラグる・遅くなる・重くなる場合は次のことを確認してみてください。

診断と使用状況のデータが溜まり過ぎている

診断と使用状況のデータが溜まり過ぎていないか確認してください。

エラーが起きるとログを自動でiOSが記録してい機能のことです。

もしかしたら、そのことで何か不具合が起きているのかも知れません。

CPUに負荷がかかり過ぎている

CPUに負荷がかかり過ぎていないか確認してください。

CPUに負荷がかかることで不具合が起きる場合があります。

一度端末が熱くなっていないかチャックしてみて下さい。

持っている端末のOSが古い

持っている端末のOSが古くないか確認してください。

OSが古いことで、処理速度が遅くなる場合があります。

もしかしたら、そのことで不具合が起きているのかも知れません。

通信速度に制限がかかっている

通信速度に制限がかかっていないか確認してください。

通信速度に制限がかかっていることで不具合が起きる場合があります。

一度、端末の状態をチェックしてみてください。

スポンサードリンク


非人類学園がラグる・遅くなる・重くなる場合の対処法は

診断と使用状況のデータが溜まり過ぎている場合

診断と使用状況のデータが溜まり過ぎている場合はデータを削除してください。

パソコンでiTunesにつなげバックアップすることで削除できます。

そうすることで不具合が解決する場合があります。

CPUに負荷がかかり過ぎている場合

CPUに負荷がかかり過ぎている場合は端末を落ち着かせてください。

落ち着かせるためには、端末の電源を一度落とします。

そして数十分間放置した後に電源を入れなおすことで不具合が解決する場合があります。

持っている端末のOSが古い場合

持っている端末のOSが古い場合はOSを新しくしてください。

端末のソフトウェアアップデートで新しいバージョンをインストールしましょう。

それにより、OSが新しくなり不具合が解決する場合があります。

通信速度に制限がかかっている場合

通信速度に制限がかかっている場合は、その制限をリセットしてください。

リセットするには、データを追加することでリセットできます。

それにより通信速度は戻り不具合が解決する場合があります。

まとめ

  • 診断と使用状況のデータが溜まり過ぎている
  • CPUに負荷がかかり過ぎている
  • 持っている端末のOSが古い
  • 通信速度に制限がかかっている

非人類学園がラグる・遅くなる・重くなる原因と対処法について紹介しました。

非人類学園をこれからプレイされる方もぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました